T・シウヴァ、プレミアデビュー戦の痛恨ミスを謝罪「残念ながら…」

T・シウヴァ、プレミアデビュー戦の痛恨ミスを謝罪「残念ながら…」

プレミアデビューを果たしたT・シウヴァ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するブラジル代表DFチアゴ・シウヴァが、プレミアリーグデビュー戦で犯した痛恨ミスを謝罪した。

 現在36歳のT・シウヴァは今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)を契約満了により退団し、チェルシーに加入。26日に行われたプレミアリーグ第3節のウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦でキャプテンマークを巻いてプレミアデビューを果たした。

 しかし、0−1で迎えた25分には最終ラインでボールを受けたT・シウヴァがコントロールを誤り、失点に直結する決定的なミスをするなど前半を0−3で折り返す悪夢なデビュー戦となってしまった。後半に3得点を挙げたことで辛くも追いつくことに成功したものの、T・シウヴァは自身のインスタグラムで低調なパフォーマンスを披露したことを謝罪した。

「残念ながら、ハードワークしたことが期待通りに報われない日がある。動揺しているが、これまで僕がしてきたようにミスを犯したことの責任を取りたい。それは難しいことかもしれないが、これを乗り越えて前に進んでいかなければならない。チェルシーに加入して以来、継続的にサポートしてくれているチームメイトとスタッフに感謝したい。そのサポートには本当に感謝している。自分の持っている全てをピッチ上に捧げる。これからの試合に全てのエネルギーと決意を注ぐことをみんなに約束したい」

関連記事(外部サイト)