日本代表の新10番は南野…その他主要国で背番号10をつける選手は?

日本代表の新10番は南野…その他主要国で背番号10をつける選手は?

各国代表の背番号「10」を着用する選手たち [写真]=Getty Images

 史上初の“オール海外組”でオランダ遠征に臨んでいる日本代表。9日に行われたカメルーン代表との国際親善試合では、MF南野拓実が初めて“10番”をつけてプレーした。

 背番号10と言えば、サッカーにおけるエースナンバーであり、“チームの顔”とも言うべき選手がつける番号だろう。では今現在、各国代表の“10番”と言えば誰なのか。主要国の顔ぶれをまとめてみた。

※カッコ内は現所属クラブ
※情報はすべて2020年10月12日時点のもの

▼ベルギー
レアンドロ・トロサール(ブライトン/イングランド)

本来10番をつけるエデン・アザールが負傷離脱中のため、25歳のアタッカーが大役を務めている。

▼フランス
キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン/フランス)

“現”世界王者の10番はエンバペ。過去にはミシェル・プラティニ、ジネディーヌ・ジダン、カリム・ベンゼマらが背負ってきた。

▼ブラジル
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)

ペレ、ジーコ、ロナウジーニョなどレジェンドがつけてきたセレソンのエースナンバー。継承者にふさわしい活躍を披露している。

▼イングランド
メイソン・マウント(チェルシー/イングランド)

11日に行われたベルギーとのUEFAネーションズリーグで10番を着用。65分に殊勲の逆転ゴールを決めた。

▼ポルトガル
ベルナルド・シウヴァ(マンチェスター・C/イングランド)

“現”欧州王者、ポルトガルの10番はこの人。フル代表デビューから数えて5試合目には10番をつけていた。

▼ウルグアイ
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)

2015年のコパ・アメリカでディエゴ・フォルランから10番を継承。2018年のロシアW杯でも10番を着用した。

▼スペイン
セルヒオ・カナレス(ベティス/スペイン)

3度のじん帯断裂を乗り越えたレフティーが、今ではスペイン代表の10番を背負う。

▼クロアチア
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/スペイン)

9月9日に35歳の誕生日を迎えたが、パフォーマンスレベルは今も世界トップクラス。不動の存在だ。

▼アルゼンチン
リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)

2010年南アフリカW杯から10番を着用。8日のW杯南米予選でも、エクアドル相手に決勝点を決めた。

▼コロンビア
ハメス・ロドリゲス(エヴァートン/イングランド)

新天地で華麗なる復活を遂げたレフティーは、代表でキャプテンの重責も担う。

▼オランダ
ドニエル・マレン(PSV/オランダ)

11日に行われたボスニア・ヘルツェゴビナとのUEFAネーションズリーグで、10番を初着用。本来10番をつけるメンフィス・デパイは出場停止だった。

▼ドイツ
ユリアン・ブラント(ドルトムント/ドイツ)

2018年、代表引退を表明したメスト・エジルから10番を継承。来年は自身初のユーロ出場を狙う。

▼スイス
グラニト・ジャカ(アーセナル/イングランド)

リーダーシップに優れるレフティーは、母国で代表の10番を背負い、キャプテンまで務める。

▼ノルウェー
マルティン・ウーデゴール(レアル・マドリード/スペイン)

“9番”アーリング・ハーランドと共にノルウェー代表をけん引。21歳にして、フル代表のキャップ数は「24」を数える。

▼ボスニア・ヘルツェゴビナ
ミラレム・ピャニッチ(バルセロナ/スペイン)

クラブでは背負ったことがないが、代表では2014年のブラジルW杯後から10番を着用している。

▼カメルーン
ムミ・エンガマル(ヤングボーイズ/スイス)

9日の日本戦で10番を着用。彼にとっても、カメルーン代表の10番をつけるのは初めてのことだった。

▼コートジボワール
ジェルビーニョ(パルマ/イタリア)

出場機会こそなかったが、8日のベルギー戦では背番号10として登録。13日の日本戦に出場すれば、実に3年ぶりの代表戦出場となる。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)