あなたの“推しメン”は? クラシコで注目したいイケメン選手たち

あなたの“推しメン”は? クラシコで注目したいイケメン選手たち

クラシコで注目すべきイケメン選手たち [写真]=Getty Images

 スペインサッカーの2強、バルセロナとレアル・マドリードによる“エル・クラシコ”が、いよいよ24日に開催される。世界最高峰の選手たちが繰り広げる攻防だけなく、“イケメン度”を見るのも楽しみの一つだろう。そこで今回は、独断と偏見で両チームから5名ずつ、計10名のイケメン選手をセレクトし、紹介する。

 もちろん人によって好みは異なり、ここに選ばれなかった“推しメン”もいるかもしれない。友人や知り合いと一緒に、イケメン選手権を開催するのもおすすめだ。

[写真]=Getty Images

▼バルセロナ



アントワーヌ・グリーズマン



国籍:フランス
生年月日:1991年3月21日(29歳)
身長/体重:176p/73p
ポジション:FW

まさに“白馬に乗った王子様”を想起させるプレーヤーで、そのルックスは「僕のアイドル」と話すデイヴィッド・ベッカムにも見劣りしない。金髪のサラサラヘアーがトレードマークで、過去にはシャンプーのCMに出演。飾らない性格も人気の秘訣で、いまの奥さんはユース時代に一目惚れし、一途な恋を実らせて結婚した女性だ。2人の子どもたちと遊ぶときには、ただの子煩悩パパに変身する。

ジェラール・ピケ



国籍:スペイン
生年月日:1987年2月2日(33歳)
身長/体重:194p/85s
ポジション:DF

「とてもハンサムで、背が高くて、綺麗な顔をしている。いつ見ても結婚式の新郎のようだ」。そう絶賛したのは、昨季までバルサに在籍したアルトゥール。実業家としての顔も持ち、アンドラのサッカークラブのオーナーとしても活躍する。パートナーで世界的歌手のシャキーラが「初めて会ったときに、まるで光線が走ったかように感じた」と話したのも無理はないか。

セルジ・ロベルト



国籍:スペイン
生年月日:1992年2月7日(28歳)
身長/体重:178p/68s
ポジション:DF

青い瞳が特徴のカンテラーノは、良い意味でスペイン人らしくない顔立ちをしている。2018年に結婚した妻はイスラエル出身のモデルで、巷では美男美女のカップルと評判だ。新婚旅行には日本を選び、清水寺や新宿の歌舞伎町を訪問。数年後には再来日も果たしており、Jリーグでプレーする可能性だってあるかもしれない!?

フレンキー・デ・ヨング



国籍:オランダ
生年月日:1997年5月12日(23歳)
身長/体重:180p/74s
ポジション:MF

海外ドラマに出演していそうな青年で、体つきも一見アスリートっぽくない。だが、クラブが行ったフィジカルテストで驚異的な記録を連発。回復力やスタミナは中長距離のオリンピックランナーに勝るとも劣らないとされ、スタッフからは“フィジカルモンスター”だと絶賛された。なお、1歳年下の彼女もオランダで有望なホッケー選手だったそうだ。

フランシスコ・トリンコン



国籍:ポルトガル
生年月日:2000年12月29日(19歳)
身長/体重:184p/70s
ポジション:FW

今夏に加入し、“バルセロナの顔面偏差値を上げた男”と言われるのが、ポルトガルからやってきたトリンコン。184センチの長身と甘いルックスで、サッカー選手になっていなければ、モデルとして活躍していたかもしれない。いまのところ彼女がいるとの情報はなく、女性たちにとっては狙い目。クラシコで活躍するようなことがあれば、人気に火がつきそうだ。

▼レアル・マドリード



セルヒオ・ラモス



国籍:スペイン
生年月日:1986年3月30日(34歳)
身長/体重:184p/82s
ポジション:DF

“リーガの退場王”という不名誉な称号を持つが、肉体は鍛え抜かれ、リーダーシップも抜群で、ここぞというときにはゴールを奪ってチームを救う。まさに男も惚れる男だろう。こんな上司がいたら、と思うファンも少なくないはずだ。今夏には長年のパートナーであるピラール・ルビオさんと結婚。最近は髪もヒゲも伸ばして仙人のようになっているが、良い感じの“ちょい悪オヤジ”に仕上がっている。

ラファエル・ヴァラン



国籍:フランス
生年月日:1993年4月25日(27歳)
身長/体重:191p/81s
ポジション:DF

褐色の肌に端正な顔立ち、しかも190pを超える長身でサッカーも上手い。「天は二物を与えず」ということわざがあるが、22歳のときに結婚して、27歳で獲得したタイトル数は「19」を数えるのだから、三物も四物も与えたと言っても過言ではないだろう。唯一の弱点は、“相棒”のS・ラモスが不在だとピッチ上でバタつくところだが、ワイルドな先輩と並べば最強のコンビを形成する。

トニ・クロース



国籍:ドイツ
生年月日:1990年1月4日(30歳)
身長/体重:183p/76s
ポジション:MF

試合中のパスミスは“ほぼ”なく、無駄な(無謀な)プレーも皆無。完璧主義者なのかどうかは分からないが、髪はいつもきっちりと整えられ、スパイクも10年前からアディダスの同じモデルを履き続けているので、そういう性格なのだろう。インスタグラムでは良き父親っぷりを披露し、自身の名を冠した基金を通じて社会活動も積極的に行う。スマートな生き方もまた尊敬を集める理由の一つだ。

マルコ・アセンシオ



国籍:スペイン
生年月日:1996年1月21日(24歳)
身長/体重:182p/76s
ポジション:FW

久保建英が昨季在籍したマジョルカの出身で、母親がオランダ人。同郷のラファエル・ナダル(プロテニス選手)と同じように笑顔がとてもチャーミングで、男の色気を感じさせるヒゲもポイントが高い。実際、現地の出会い系サイトが発表する「抱かれたいサッカー選手」では、トップ10入りの常連。セクシーさと、母性本能をくすぐられるような可愛さを併せ持ち、不動の人気を誇る。

イスコ



国籍:スペイン
生年月日:1992年4月21日(28歳)
身長/体重:176p/79s
ポジション:MF

愛称はスペイン語で“魔法”を意味する「マヒア(Magia)」。華麗なボールタッチで多くのファンを魅了してきたが、スペインの人気女優サラ・サラモのハートもまた射止めた。2017年頃から交際をスタートし、翌年に第一子が誕生。そして今夏、第二子を授かったことが明らかとなった。イケメンかつイクメンで私生活は順風満帆だが、サッカー選手としてのキャリアはやや下り坂。失われた魔法を取り戻すことはできるだろうか。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)