リーグ6戦を終えて未勝利…苦しいシーズンを送るパーカー監督「私にできることは…」

リーグ6戦を終えて未勝利…苦しいシーズンを送るパーカー監督「私にできることは…」

フルアムのパーカー監督 [写真]=Getty Images

 フルアムのスコット・パーカー監督が、自身の将来について言及した。24日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 昨シーズン、チームをチャンピオンシップ(イングランド2部)からプレミアリーグ昇格へと導いたパーカー監督だが、ここまでのリーグ戦は6試合を終えて1分5敗。24日にホームで迎えた第6節クリスタル・パレス戦にも1ー2で敗れ、勝ち点1で最下位に沈んでいる。

 現地では、クラブの力を1年で復権したパーカー監督を解任する憶測は立っていないというが、取材に応じた同監督は自身の将来について以下のように語った。

「自分の将来をコントロールすることはできない。このような苦しい時期に私にできることは、とにかく前を向いて、ふさわしい成果を得るために最大限の努力を続けること。それは私のキャリアや人生を通して、常に意識してきたことだ」

「我々はまだ若いチームで、これから成熟していかなければならない。ただ今日の試合(C・パレス戦)では学ぶべきことが多く、ポジティブな面も見つかった。私は自分のできることと向き合い、一生懸命働き続けるだけだよ」

 次節はホームにウェスト・ブロムウィッチを迎えるフルアムだが、待望の今シーズンリーグ戦初勝利は挙げられるのだろうか。

関連記事(外部サイト)