クルゼフスキ弾で追いつくも…ユヴェントス、リーグ戦3戦連続ドロー

クルゼフスキ弾で追いつくも…ユヴェントス、リーグ戦3戦連続ドロー

ユヴェントスとヴェローナが対戦した [写真]=Getty Images

 セリエA第5節が25日に行われ、ユヴェントスとヴェローナが対戦した。

 ユヴェントスはクリスティアーノ・ロナウドが新型コロナウイルス感染により引き続きメンバー外となった一方で、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節ディナモ・キエフ戦で途中出場から今シーズン初出場を果たしていたパウロ・ディバラがリーグ戦初出場で先発に名を連ねた。

 試合は16分、ヴェローナがセットプレーのこぼれ球を繋いでエブリマ・コリーのシュートでゴールネットを揺らしたものの、オフサイドによりゴールは認められず。一方のユヴェントスは41分、フアン・クアドラードが決定機を迎えたがシュートはクロスバーを直撃した。

 さらに45分にはクアドラードのスルーパスに抜け出したアルバロ・モラタがループシュートでネットを揺らした。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)レビューの結果、モラタがオフサイドとジャッジされ、ゴールは認められずスコアレスで折り返した。

 後半に入り試合を動かしたのはヴェローナだった。60分、マッティア・ザッカーニのパスから途中出場のアンドレア・ファヴィッリが左足でゴールへと流し込み、先制した。

 追いつきたいユヴェントスは76分、ディバラが左足で強烈なシュートを放ったものの、これはクロスバーを直撃。それでも78分、右サイドでボールを受けたデヤン・クルゼフスキがドリブルで仕掛けると、相手DFをかわし自ら左足で決めて同点に追いつくことに成功した。

 その後、勝ち越しゴールを狙ったユヴェントスは猛攻を仕掛けたものの、ディバラやモラタのシュートはGKマルコ・シルベストリの好セーブに阻まれ、得点を挙げることができず。

 試合はこのまま1−1で終了。リーグ戦1試合未消化となっているユヴェントスだが、開幕戦のサンプドリア戦(3−0)に勝利して以降、3試合連続でドローとなっている。一方のヴェローナも2試合連続ドローで3試合勝利から遠ざかっている。次節、ユヴェントスは11月1日にアウェイでスペツィアと、2日にホームでベネヴェントと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 1−1 ヴェローナ

【得点者】
0−1 60分 アンドレア・ファヴィッリ(ヴェローナ)
1−1 78分 デヤン・クルゼフスキ(ユヴェントス)

関連記事(外部サイト)