横浜FMが圧巻6発で浦和に快勝! J・サントスがハットでホーム最終戦飾る

横浜FMが圧巻6発で浦和に快勝! J・サントスがハットでホーム最終戦飾る

浦和から6点を奪い、ホーム最終戦を飾った横浜FM [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第27節が14日に行われ、横浜F・マリノスと浦和レッズが対戦した。

 3連敗中の横浜FMに対して6戦負けなしの浦和と、対照的な状況で臨んだ一戦だったが、試合は横浜FMが一方的な展開で進める。開始2分、右サイドでオナイウ阿道から水沼宏太につながり、中央へワンタッチではたくとジュニオール・サントスが巧みな動きで岩波拓也を外して決めた。10分にも水沼の右クロスに前田大然が頭で飛び込んでリードを広げる。さらに14分には、オナイウのスルーパスからGKと1対1になった小池龍太が沈め、あっという間に3点差をつけた。

 横浜FMは31分、J1初先発となったGKオビ・パウエル・オビンナが相手スルーパスをエリア外に出てクリアしたボールが伊藤槙人にぶつかり、オウンゴールで失点するも、37分に水沼のクロスをエリア内でコントロールしたジュニオール・サントスが流し込んで、再度3点差とする。

 後半に入ってからも67分にオナイウとのワンツーから水沼が鮮やかに得点。90分に浦和は元横浜FMの山中亮輔、マルティノスラインで1点を返すも、91分にジュニオール・サントスがハットトリックを達成して、ゴールショーを締めくくり、6−2で横浜FMがホーム最終戦で勝利を収めて、連敗をストップした。

【スコア】
横浜F・マリノス 6−2 浦和レッズ

【得点者】
1−0 2分 ジュニオール・サントス(横浜F・マリノス)
2−0 10分 前田大然(横浜F・マリノス)
3−0 14分 小池龍太(横浜F・マリノス)
3−1 31分 オウンゴール/伊藤槙人(浦和レッズ)
4−1 37分 ジュニオール・サントス(横浜F・マリノス)
5−1 67分 水沼宏太(横浜F・マリノス)
5−2 90分 マルティノス(浦和レッズ)
6−2 90+1分 ジュニオール・サントス(横浜F・マリノス)

関連記事(外部サイト)