元名古屋のコリンチャンスFWジョー、新型コロナ陽性が判明…症状はなし

元名古屋のコリンチャンスFWジョー、新型コロナ陽性が判明…症状はなし

新型コロナウイルス用製版のが確認されたFWジョー [写真]=Getty Images

 コリンチャンスは13日、元名古屋グランパスでブラジル代表でも活躍したFWジョーから新型コロナウイルス陽性反応が確認されたことを発表した。

 13日に行われた検査の結果、ジョーとマテウス・ビタルの2名から陽性反応が確認され、その後に予定されていたトレーニングを欠席したという。なお、両選手は無症状のようだ。コリンチャンスはブラジルサッカー連盟(CBF)が規定するプロトコルに従い、毎週検査を行っているとのことだ。

 現在33歳のジョーはブラジルのサンパウロ生まれ。コリンチャンスの下部組織出身で、2003年にトップチーム昇格を果たした。その後ロシアへの移籍を経て2008年にマンチェスター・Cに加入。その後はトルコ、ブラジル、中国クラブを渡り歩き、2018年に名古屋グランパスに加入していた。名古屋グランパスでは公式戦74試合に出場し、33得点12アシストを記録。今年7月に古巣のコリンチャンスに復帰することが決まった。

関連記事(外部サイト)