森保監督、就任から約2年経ち「チーム力向上」と手応え…メキシコは「現在の立ち位置を知るための最高の相手」

森保監督、就任から約2年経ち「チーム力向上」と手応え…メキシコは「現在の立ち位置を知るための最高の相手」

森保一監督がメキシコ戦の前日会見に臨んだ [写真]=JFA

 日本代表を率いる森保一監督が、17日に行われるメキシコ代表戦の前日オンライン会見に臨んだ。

 森保監督は冒頭、「明日の試合はW杯でも常連国で、常にグループリーグも突破する強豪メキシコと試合ができるのを非常に楽しみにしています。現在の立ち位置を知るために最高の相手だと思いますし、ただ練習試合で自分たちの力を試すというだけではなく、勝つために準備して、勝利して、応援してくださっている方々が笑顔になってくれるように勝利を目指して戦いたいと思います」と意気込みを示した。

 3バックを採用し、1−0で勝利した13日のパナマ戦のメンバー編成については、「3バックをやりたくてあのメンバーだったのか、あのメンバーを使いたくて3バックを採用したのか」との質問も。森保監督は「両方です」と答え、「2つ大きな理由があって、一つは4バックをこれまでベースにしていたなかで、3バックの戦術理解度を高めるということ。あとは、より多くの選手に出場の機会を得てもらいながらシステムのところの理解度も上がるように、本当にどっちも大きな理由かなと思います。10月はカメルーン戦の後半に3バック、今回はパナマ戦で3バックをやって、GKの二人と鈴木武蔵以外は3バックを経験できたかなと思います」と理由を説明した。

 一方、メキシコ戦でのチーム編成プランについては、「選手たちの状態を見て、チーム編成をしたいと思います。招集に制限があるなかで戦っているのでベストメンバーという言葉が当てはまるかわからないですが、勝つためのメンバーで臨みたいです。サブも含めてチームで戦って勝利を目指し、そのなかで成果と課題を次に生かせたらいいと思います」とコメント。また、かつて日本代表がモデルケースにしていた時期もあったメキシコについて、印象や試合での目標などを次のように語った。

「体格や身体能力の部分で我々が学ぶというか、モデルケースとして目標に置いているチームだということは以前から私も考えていました。つねにW杯に出場してベスト8にも駒を進めたことのあるチームなので、リスペクトしつつ同じような結果を出せるようにしたいです。技術の高さという部分を持っているチームだし、戦術理解度も高く、流れを読む力、クレバーな部分を持っている、賢く戦えるチームという印象です」

「スキのない穴のないチームで、高いレベルの選手が揃っている。守備では激しく厳しく来ますし、そこをどのようにかいくぐっていけるかというのは我々にとって大切になってきます。彼らには速攻も遅攻もあるので、流動的に対応しなければいけません。まずは、激しく厳しく、というところで個人が上回っていけるようにチャレンジしてほしいと思います」

 森保監督の就任から約2年が経ち、一つのゴールとなる2022 FIFAワールドカップ カタールに向けては折り返し地点。ここまでの自らの仕事ぶりを振り返っては、次のように語った。

「常に与えられた環境のなかでベストを尽くして準備する、戦いに臨むということで活動させてもらっていました。攻撃も守備も確実に積み上げはできてきたと思っていますし、選手たちが個のレベルを上げることにチャレンジしてくれているのでチーム力も上がっていると思います。戦術面では難しい課題を与えていますが、チャレンジしてくれている。私の活動が中間地点ということに関しては、コロナの影響のなかで不可能を可能にして活動させてもこらっていることを大切にして、有効に今後の成長につなげていきたいと思っています。10月以前は活動できませんでしたが、間が空いた中で選手とコミュニケーションをとったり、選手もつねに代表のことを考えてくれたので、その期間もしっかり積み上げはできたと思います」

 森保監督は、オーストリアで行う11月の代表活動におけるトレーニングのテーマについても次のように説明している。

「全体的には試合に向かっていく中で、『狭いスペースでのポゼッション』というトレーニングを行い、そこで時間とスペースがない中で自分たちがしっかりボールを保持して攻撃するという部分です。守備のところでは、攻から守に切り替わったときに素早く守備をする、激しく行くという部分をトレーニングしています。あとは10月からの課題である、守から攻に変わったときに相手のプレッシャーが激しく来るので、『素早い展開でマイボールにできるように』ということでポゼッションのトレーニングは常に入れています」

「試合の前には相手のことを想定して守備の部分や攻撃の部分で試合に向けて準備をしています。選手にとってはいつも変わらないポゼッションのトレーニングと思うかもしれないが、同じトレーニングでもそのときに働きかけるポイントを変えながら、時間とスペースがないなかでプレーできるように、より激しさが出るようにトレーニングしています。あとはミニゲームからお互いの連携を高めるために条件をきつくして、個で突破する場面とコンビネーションで突破するというミニゲームをやっています。あとはポゼッションのところはGKも入れて、攻撃の第一歩ということでGKもフィールドと一緒にトレーニングしながらやっているのは特徴かなと思います」

「今日(16日)は試合に向けて(練習を行なう)。パナマ戦に出た選手はほとんど、この2日間はリカバリーにあてていた。サブ組は少人数でやっていて、今日はそんなにたくさんできないと思うので、メキシコの形をピッチ上で確認しながら、守備でどう対応するか、攻撃でどうボールを動かすか、プラス、セットプレーを練習できればと思っています」

 森保監督は「試合中の対応力」を求めるなか、選手たちの成長にも手応えを示している。

「成長を見させてもらって、みんなたくましく、対応力という部分でも積極的にトライして積み上げてくれていると感じており、すごく嬉しいです。活動を続けるなかでコアなチーム作りをするのは一つの手法でもあると思いますが、ケガや出場停止などいろいろなアクシデントがあるなかで、理想は誰とでも連携・連動してチーム、個の力を発揮できるというのを選手には考えてトライしてほしいと思っています。パナマ戦についても、もっと追加点を奪ったりもっと美しい勝ち方というのはさらにレベルアップする意味では要求したいです」

「それでも、あまり練習する時間がない中で、3バックだったりこれまでやってこなかったことをやってもらった。上手くいかない中でもなんとかプレーし続けて少しづつ流れを良くするとか、共通理解を少しつづ高めていって勝利を掴み取れたっていうのはすごく内容があり、これから我々が勝っていくために必要なことを表現してくれたと思います。自分たちが理想としていく勝ち方も大事ですが、理想通りに行かないなかでどう勝っていくかも大事。パナマ戦もうまくいかないときにロストがあり、そこで失点したら勝利も難しかったですけど、我慢しながら戦うということを表現してくれたことは、これからの戦いで必ず生きてくると思います」

関連記事(外部サイト)