A・テレス、再び新型コロナ陽性も…マンUは週末の試合出場を諦めず

A・テレス、再び新型コロナ陽性も…マンUは週末の試合出場を諦めず

マンチェスター・Uに所属するA・テレス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは15日、ブラジル代表DFアレックス・テレスが同代表招集中に再び新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかにした。クラブ公式サイトが伝えている。

 A・テレスは今年10月にポルトからマンチェスター・Uに加入。同20日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節のパリ・サンジェルマン戦でデビューを飾ったが、その後は新型コロナウイルス陽性となったため、離脱が続いていた。

 感染から回復して出場可能となった同選手は、今月のカタール・ワールドカップ南米予選に臨むブラジル代表に招集。14日に行われたベネズエラ戦(1−0で勝利)の試合終了間際に途中交代で出場し、実戦復帰を果たしたものの、その後の検査で再び新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが明らかになった。

 発表によると、A・テレスは新型コロナウイルスの検査で2度目の陽性反応となったため、17日に行われるウルグアイ代表戦を欠場する可能性があるという。しかし、マンチェスター・Uは陽性と判定された同選手が必ずしも再び感染したわけではないと考えており、クラブへと戻った後に改めて判断することを明らかに。そして、21日に行われるプレミアリーグ第9節のウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦への出場はまだ諦めていないことを強調している。

 なお、マンチェスター・Uは左サイドバックのイングランド代表DFルーク・ショーが1カ月の負傷離脱をすると発表しており、A・テレスは代役として出場することが期待されていた。しかし、再び陽性となり隔離のために離脱することになれば、同クラブにとっては痛手となりそうだ。

関連記事(外部サイト)