Jリーグ、来季の降格は「4クラブ」に決定…昇格は例年通り「2クラブ」のまま

Jリーグ、来季の降格は4クラブに 今季は新型コロナ影響考慮し昇格あり・降格なし

記事まとめ

  • 明治安田生命Jリーグは2021年シーズン終了後の昇格・降格クラブ数について発表した
  • 今季は新型コロナウイルスの影響も考慮し「昇格あり」「降格なし」の特別ルールが適用
  • 2021年シーズンの昇格クラブは例年通り2クラブ、降格クラブは4クラブとなる

Jリーグ、来季の降格は「4クラブ」に決定…昇格は例年通り「2クラブ」のまま

Jリーグ、来季の降格は「4クラブ」に決定…昇格は例年通り「2クラブ」のまま

Jリーグが来シーズンの昇格・降格について発表した [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命Jリーグは17日、2021年シーズン終了後の昇格・降格クラブ数についての決定を発表した。公式サイトで伝えている。

 今シーズンのJリーグでは新型コロナウイルスの影響も考慮し、J1、J2、J3の各カテゴリーで「昇格あり」「降格なし」の特別ルールが適用されている。

 そして今回の発表によると、まずJ2からJ1およびJ3からJ2への各昇格クラブについては、例年通り「2クラブ」とすることを発表。なお、対象クラブがJリーグクラブライセンスの交付判定を受けていない場合、昇格クラブ数が変更になる可能性もあるという。

 また、J1からJ2およびJ2からJ3への各降格クラブは「4クラブ」となることも発表した。当該昇格クラブ数の変更により降格クラブ数も変動する可能性もあるというが、来シーズンも特別なシーズンとなることが予想される。

関連記事(外部サイト)