ナポリがマラドーナに捧ぐ勝利を収める…試合前には全選手が背番号「10」のシャツを着用

ナポリがマラドーナに捧ぐ勝利を収める…試合前には全選手が背番号「10」のシャツを着用

永久欠番の「10」のシャツを着るナポリの選手たち [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が26日に行われ、ナポリとリエカが対戦した。

 ナポリは、前日に享年60歳で逝去したディエゴ・マラドーナ氏に敬意を表し、試合前のセレモニーではベンチも含めた全選手が背番号「10」のシャツを着用。クラブに2度セリエAのタイトルをもたらしたレジェンドの死を、永久欠番となったエースナンバーで追悼した。

 試合は開始4分、ナポリが最初のチャンスを掴む。DFジョバンニ・ディ・ロレンツォが右サイドからクロスを上げると、ファーサイドに飛び込んだMFエリフ・エリマスが合わせるも、ボールはわずかに枠を外れる。

 その後もナポリはFWマッテオ・ポリターノ、アンドレ・ペターニャらにチャンスが訪れるも決めきれず。しかし迎えた41分、エリア左に侵入したMFピオトル・ジエリンスキがグラウンダーのクロスを上げると、最後はゴール前でもつれてリエカのオウンゴールを誘発した。ナポリが先制に成功してハーフタイムを折り返す。

 後半もナポリがリエカに対して主導権を握る時間が続く。すると75分、FWロレンツォ・インシーニェからの浮き球パスにFWイルビング・ロサノが抜け出すと、GKと1対1の状況に。ロサノはコントロールからこれを落ち着いて決め、途中出場の2選手の活躍でリードを2点に広げた。

 その後も危なげなく試合を進めながら、ナポリはレジェンドに捧げる勝利を達成。混戦となっているグループFで首位に躍り出た。一方のリエカは4戦全敗と苦しい状況が続いている。

 次節は12月3日に行われ、ナポリはAZと、リエカはレアル・ソシエダとそれぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
ナポリ 2−0 リエカ

【得点者】
1−0 41分 アルマンド・アナスタシオ(オウンゴール/ナポリ)
2−0 75分 イルビング・ロサノ(ナポリ)

関連記事(外部サイト)