バルサ会長選に立候補のルソー氏、ネイマールの再獲得を公約に掲げる

バルサ会長選に立候補のルソー氏、ネイマールの再獲得を公約に掲げる

PSGでプレーするネイマール [写真]=Getty Images

 バルセロナの会長選に立候補しているエミリ・ルソー前副会長がインタビューに応えた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ルソー氏は会長選に向けた公約として「2人のトッププレーヤーと契約する。そのうちの1人はネイマールだ」と宣言。「私たちは彼をバルセロナに連れ戻すために働いてる」と語り、今夏に獲得が噂されていたパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの再獲得を約束した。

 また他の公約として「(本拠地として使用している)スタジアムの名前をカンプノウ-レオメッシに変更する投票を開催する」ことや「(クラブOBの)シャビやアンドレス・イニエスタ、(カルレス・)プジョルらとともにラ・マシア(下部組織)とのつながりを強める」ことを語っている。

関連記事(外部サイト)