負傷交代のR・ヒメネスは頭蓋骨骨折で手術…ウルブスが容態を発表

負傷交代のR・ヒメネスは頭蓋骨骨折で手術…ウルブスが容態を発表

ウルヴァーハンプトンのヒメネス [写真]=Getty Images

 ウルヴァーハンプトンは30日、前日のアーセナル戦で接触プレイの際に意識を失って負傷交代したメキシコ代表FWラウル・ヒメネスの容態について発表した。

 ヒメネスは頭蓋骨骨折を負っており、29日中にロンドン市内で手術を受けた。現在は安定した容態で、パートナーとともに過ごしているという。また回復に向けて数日間は病院で経過観察を行うとしている。

 過去には元イングランド代表MFライアン・メイソン氏が試合中に頭蓋骨骨折を負った際には、ピッチへの復帰は叶わず医師からの助言を受けて現役引退を決断している。命に別状はなかったとはいえ、キャリアに影響を与えかねない大きなケガだけにヒメネスの無事を祈るばかりだ。

関連記事(外部サイト)