カバーニ、自身のSNS投稿を謝罪「お詫び申し上げたい」…人種差別的との指摘に

FWエディンソン・カバーニがSNS投稿を謝罪 投稿が人種差別であるとして指摘を受け

記事まとめ

  • マンチェスターUのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが自身のSNS投稿を謝罪した
  • カバーニの「グラシアスネグリート(小さな黒人の意)」との表現が人種差別だと指摘
  • 投稿自体は削除されたが、FAは問題視し、出場停止処分の可能性も伝えられている

カバーニ、自身のSNS投稿を謝罪「お詫び申し上げたい」…人種差別的との指摘に

カバーニ、自身のSNS投稿を謝罪「お詫び申し上げたい」…人種差別的との指摘に

カバーニが謝罪 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが自身のSNSにおける投稿について謝罪した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 カバーニはサウサンプトン戦後、活躍を祝福するファンの投稿に対して「グラシアスネグリート(小さな黒人の意)!」と返答。この表現が人種差別であるとして指摘を受けた。すでに投稿自体は削除されたが、イングランドサッカー協会(FA)は問題視し、出場停止処分の可能性も伝えられている。

 カバーニは「友人への愛情のこもった挨拶として言ったことで、試合後の彼の祝福に感謝している。僕がやりたかったことは不快感を与えることではなかった。人種差別には完全に反対しているから、解釈が異なる可能性があると説明されてすぐにメッセージを削除した。心からお詫び申しあげたい」と謝罪している。

関連記事(外部サイト)