A・アーノルド復帰のリヴァプール、ウルヴスに4発快勝! 南野は出番なし

A・アーノルド復帰のリヴァプール、ウルヴスに4発快勝! 南野は出番なし

リヴァプールとウルヴァーハンプトンが対戦した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第11節が6日に行われ、リヴァプールとウルヴァーハンプトンが対戦した。リヴァプールに所属する南野拓実はベンチスタートとなり、出番は訪れなかった。

 前節のブライトン戦に引き分けたリヴァプールとアーセナルに2−1で勝利したウルヴァーハンプトンの一戦。リヴァプールのGKアリソンはメンバー外となっており、22歳のクィービーン・ケレハーが今季プレミアリーグ初出場を果たした。

 ウルヴァーハンプトンは17分、エリア内でアダマ・トラオレからパスを受けたダニエル・ポデンセが右足でシュートを放ったが、GKにセーブされた。試合を動かしたのはリヴァプールだった。24分、ジョルジニオ・ワイナルドゥムが前方へロングボールを送ると、相手ディフェンダーが処理を誤る。すかさず詰めたモハメド・サラーが中途半端にこぼれたボールをかっさらい、ゴールに流し込んだ。

 試合の主導権を握るリヴァプールは33分、ジョーダン・ヘンダーソンのクロスにサディオ・マネがヘディングで合わせるが、これはゴール右に外れる。1点リードで後半へ折り返したリヴァプールは52分、左サイドのクロスにサディオ・マネが右足で合わせるが、相手ディフェンダーにブロックされた。

 リヴァプールは58分、追加点を挙げる。カウンターからジョルジニオ・ワイナルドゥムがペナルティエリア手前でボールを受けると、シュートコースを作って右足でシュート。ボールはゴール右上に吸い込まれた。さらにリヴァプールは67分、右サイドのCKの流れからサラーのクロスにジョエル・マティプがヘディングで合わせ、リードを3点に広げた。

 リヴァプールは68分、ネコ・ウィリアムズに代え、トレント・アレクサンダー・アーノルドを投入。約1カ月ぶりの実戦復帰を果たした。攻撃の手を緩めないリヴァプールは78分、アレクサンダー・アーノルドのクロスにマネが合わせると、ボールは相手ディフェンダーに当たり、ゴールに吸い込まれた。

 試合はこのまま終了。リヴァプールがウルヴァーハンプトンに4得点で快勝した。リヴァプールは勝ち点を24ポイントに伸ばし、2位をキープしている。ウルヴァーハンプトンは10位に後退した。

 次節、リヴァプールは13日にアウェイでフルアムと、ウルヴァーハンプトンは12日にホームでアストン・ヴィラと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 4−0 ウルヴァーハンプトン

【得点者】
1−0 24分 モハメド・サラー(リヴァプール)
2−0 58分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール)
3−0 67分 ジョエル・マティプ(リヴァプール)
4−0 78分 オウンゴール(ネルソン・セメド)(リヴァプール)

関連記事(外部サイト)