年内最後のFIFAランク発表…日本はアジア勢トップ維持、上位陣はほとんど変動なし

年内最後のFIFAランク発表…日本はアジア勢トップ維持、上位陣はほとんど変動なし

日本代表の最新FIFAランクは27位 [写真]=JFA

 国際サッカー連盟(FIFA)は10日、最新のFIFAランキングを発表した。

 年内最後のFIFAランクの発表だが、上位陣は変わらず。ベルギー代表はフランス代表とタイで並んだ2018年9月20日以来首位を譲らず、今回もトップをキープした。

 試合の少なさから変動も少なく、カタール代表が58位に順位を上げたほか、エチオピア代表、ジブチ代表、ドミニカ代表が順位を上げた一方、バングラデシュ代表が順位を2つ落としたのみとなった。

 また、日本代表は27位を維持。アジア勢トップで2020年を締めくくった。

 今回発表されたFIFAランキングの上位30チームは以下の通り。

1位 ベルギー
2位 フランス
3位 ブラジル
4位 イングランド
5位 ポルトガル
6位 スペイン
7位 アルゼンチン
8位 ウルグアイ
9位 メキシコ
10位 イタリア
11位 クロアチア
12位 デンマーク
13位 ドイツ
14位 オランダ
15位 コロンビア
16位 スイス
17位 チリ
18位 ウェールズ
19位 ポーランド
20位 セネガル
21位 スウェーデン
22位 アメリカ
23位 オーストリア
24位 ウクライナ
25位 ペルー
26位 チュニジア
27位 日本
28位 ベネズエラ
29位 イラン
30位 セルビア

関連記事(外部サイト)