愛媛、新監督は地元出身の和泉氏「『魂を揺さぶる試合』をお見せできるよう」

愛媛、新監督は地元出身の和泉氏「『魂を揺さぶる試合』をお見せできるよう」

愛媛の新監督は和泉氏

 愛媛FCは22日、和泉茂徳氏が新監督に就任すると発表した。

 1969年生まれで51歳の和泉氏は愛媛県の出身。1994年に愛媛の育成組織で指導者としてのキャリアをスタートさせると、2010年からは日本サッカー協会(JFA)でナショナルトレセンコーチ四国(中国)担当を務めた。昨季から愛媛での職にも復帰し、育成組織でコーチを務めていた。

 愛媛は今季の明治安田生命J2リーグで勝ち点「34」で22チーム中21位。2018年途中から指揮を執っていた川井健太監督の退任が発表されていた。

 和泉氏はクラブの公式サイト上で以下のようにコメントを発表している。

「2021シーズンから愛媛FCの指揮をとらせていただくことになりました。まずは、愛媛FCという愛着のある素晴らしいクラブの監督ができることを、大変光栄に思います。また同時にそれ以上の大きな責任も感じております。そしてこのコロナ禍の難しい状況の中で、オファーをくださったということの意味をしっかりと捉え、結果にこだわって指揮していきます。来シーズンは今年チームが積み上げてきたものを大切にしながら、攻守ともによりアグレッシブに戦い、躍動感あるサッカーを展開していき、ファン・サポーターの皆さまが、『愛媛のサッカー面白いな』『スタジアムに観に行ってみたいな』と思っていただけるようなチーム作りをしていきます。そのためにもまずは、選手・スタッフとも『プロ意識』をしっかりと持ち、結果にこだわりながら愛媛FCのスピリット…「闘う姿勢」を表現していきます。シーズンを通して『魂を揺さぶる試合』をお見せできるよう新体制から選手・スタッフとともに戦っていきますので、ぜひ応援をよろしくお願いします」

関連記事(外部サイト)

×