移籍噂も…C・パレス指揮官、14戦8発のザハを称賛「能力を発揮している」

移籍噂も…C・パレス指揮官、14戦8発のザハを称賛「能力を発揮している」

今季ここまで14試合で8得点を決めるウィルフレッド・ザハ [写真]=Getty Images

 クリスタル・パレスを率いるロイ・ホジソン監督は、同クラブに所属するコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハについて言及している。1月1日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ザハは今季ここまで、プレミアリーグ14試合に出場し、8得点2アシストを記録。チームのトップスコアラーとして活躍している。現行契約が2023年6月までとなっている同選手にはミランやパリ・サンジェルマンからの関心が寄せられているというが、ホジソン監督はザハの将来をめぐる憶測に不安はないとし、2日に行われるシェフィールド・U戦へ向けた記者会見でザハのパフォーマンスや姿勢を称賛している。

「私はあまり気にしないが、ウィルフレッドについては長年にわたって多くの憶測が飛び交っていた。彼は良い選手だし、彼と契約したいと思っているクラブがあっても不思議ではないが、選手がクラブを去る前には多くのことが準備されていなければならない。彼は彼の能力を発揮しているし、規律と集中力、そしてサッカーとクラブへの情熱を示してくれていることに満足している。彼がそれを続くてくれることを期待している」

 現在28歳のザハはクリスタル・パレスの下部組織出身で、2010年にトップチーム昇格を果たした。2013年にマンチェスター・Uに完全移籍で加入すると、古巣のクリスタル・パレスやカーディフへのレンタル移籍を繰り返し、2015年にクリスタル・パレスに完全移籍で復帰した。

関連記事(外部サイト)