50歳を迎えたペップ…英メディアが教え子ベストイレブンを選出!

50歳を迎えたペップ…英メディアが教え子ベストイレブンを選出!

英メディアがペップの教え子ベストイレブンを選出 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が18日に50歳の誕生日を迎えた。2008年にバルセロナのトップチームの監督に就任すると、1年目からリーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイの3冠を達成。その後率いたバイエルンではブンデスリーガ3連覇を成し遂げ、2016年から指揮をとるマンチェスター・Cでもプレミアリーグ連覇を達成するなど、クラブの黄金期を形成している。

 スペイン人指揮官はその間、多くの名選手をピッチ上に送り出してきた。イギリスのメディア『トークスポーツ』は、グアルディオラ監督の教え子によるベストイレブンを選出している。

※カッコ内は現所属クラブ

▼GK

マヌエル・ノイアー(バイエルン)

 GKに選出されたのは、現教え子のエデルソンでも、バルセロナ監督時代のビクトル・バルデスでもなく、ノイアーだった。エデルソンはペップが考えるGKの究極の理想形と思われるが、従来のGK像を打ち破って、同ポジションに革命を起こした点が高く評価されたのだろう。「スイーパーGK」という言葉が生まれたのも、ノイアーの存在が大きかった。

▼DF

ダニエウ・アウヴェス(サンパウロ)
ヴァンサン・コンパニ(アンデルレヒト監督)
ジェラール・ピケ(バルセロナ)
ダビド・アラバ(バイエルン)

 右サイドバックは、プロサッカー界で最も多くのタイトルを獲得したとされるD・アウヴェス。彼もノイアーと同じように、サイドバックの概念を打ち壊した選手の一人で、グアルディオラ体制のバルセロナには欠かせない選手だった。

 センターバックコンビを組むのは、真のリーダーだったコンパニとグアルディオラ監督のもとで世界的選手に成長したピケ。カルレス・プジョルとピケの黄金コンビを期待したファンもいたかもしれないが、2019年のレスター戦で叩き込んだ強烈ミドルの印象が強いのだろう。英国メディアはコンパニを推している。

 そして左サイドバックにはアラバが選出された。グアルディオラ監督がバイエルンで指揮をとった161試合のうち124試合に出場。偽サイドバックを指す言葉として「アラバロール」が日本で定着したように、グアルディオラ監督のポゼッションサッカーに多大な影響を与えた。

▼MF

セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
シャビ・エルナンデス(アル・サッド監督)
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)

 中盤はアンカーにブスケツを配置し、シャビとデ・ブライネがインサイドハーフを務める。サッカーゲームで一度は試してみたい中盤ではないだろうか。

 もちろん、中盤のメンバー選考は最も悩んだことだろう。シャビ・アロンソ、フィリップ・ラーム、ハビエル・マスチェラーノ、フェルナンジーニョなど、グアルディオラ監督は数えきれないほどの名選手を輩出してきた。ただブスケツは“ペップの申し子”であり、シャビの頭脳がなければ、グアルディオラ監督は今の地位を築けていなかったかもしれない。

 そしてデ・ブライネである。「出会ってきた中で最高の選手」、「私の人生でもベストの1人」と指揮官が絶賛するように、ペップ・サッカーにカウンター攻撃という新たな武器が加わったのは彼の存在が大きい。スピード、パワー、テクニックの三拍子を兼ね備え、超高精度のパスを最高のタイミングで供給する。マンチェスター・Cのサッカーはデ・ブライネ抜きには成立しない。

▼FW

アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
リオネル・メッシ(バルセロナ)

 「MFにイニエスタがいないなんて……」と思った読者もいたかもしれない。が、今回はFWとして選出されていた。実際、グアルディオラ監督が率いたバルセロナでは、左のウインガーとしてプレーしていた時期がある。イニエスタの特徴の一つは汎用性の高さであり、中央であろうとサイドであろうと、またゴール前であろうと、イニエスタしか出来ないプレーでファンを熱狂させてきた。

 常識や既成概念にとらわれない選手という点では、メッシもまた同じだろう。グアルディオラ監督から与えられた“偽9番”を天職とし、ゴールゲッターとしての才能を開花。2012年には年間91ゴールという世界記録を樹立した。

 そんな2人とは対照的なプレーヤーと言えるのが、レヴァンドフスキだろう。実に9番らしい9番で、ゴール前が彼の仕事場。グアルディオラ監督がバイエルンを率いていた頃には、9分間で5ゴールを決める離れ業をやってのけた。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)