「前半は完璧。とても良かった」…W杯予選で白星スタートの伊代表監督が振り返る

「前半は完璧。とても良かった」…W杯予選で白星スタートの伊代表監督が振り返る

マンチーニ監督が試合を振り返った [写真]=Getty Images

 イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が試合を振り返りコメントした。イタリアメディア『RAIスポーツ』が伝えている。

 イタリア代表は25日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選の第1節で北アイルランド代表をホームに迎えた。14分、エリア右に抜けたFWドメニコ・ベラルディが角度のないところから左足で叩き込んで先制。38分にはカウンターからFWチーロ・インモービレが左足シュートを突き刺して追加点をあげ、逃げ切ったイタリアが2−0で勝利を収め、白星スタートを切った。

 試合後マンチーニ監督はチームを称賛しつつ試合を振り返った。

「5カ月ぶりということを考えると前半なんかは素晴らしかった。もう少しゴールを決めるべきだったけどね。前半は完璧。とても良かった。得点がもっと欲しかったこととボールを早く動かすことくらいだ。ハーフタイム明けは少しボールに多く触りすぎてゆっくりになってしまった。だが5カ月ぶりだったし、お互いに言えることだ」

「(チーロ)インモービレ、(マヌエル)ロカテッリは非常によくやっていた。前半のまま行けばもっと大差で勝てただろう。だが北アイルランドはフィジカルに優れたチーム。我々は非常に苦しんだしミスをした。特にあのようなプレスをうけて、相手が人数をかけて守っているときには、ロングボールを使わなければならない」

関連記事(外部サイト)