イタリア代表、キエッリーニら3選手がコンディンションの問題で離脱へ

イタリア代表、キエッリーニら3選手がコンディンションの問題で離脱へ

初戦に出場したキエッリーニとベラルディ [写真]=Getty Images

 ジョルジョ・キエッリーニら3選手が、コンディションの問題でイタリア代表を離脱することになったようだ。26日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 イタリア代表は25日、2022 FIFAワールドカップ カタール欧州予選の第1節で北アイルランド代表に2−0と勝利。しかし、次節のアウェイでのブルガリア代表戦を前に、3選手がそれぞれのクラブへと戻ることが決まったようだ。チームを離れるのはベテランのキエッリーニ、初戦で先制弾を決めたFWドメニコ・ベラルディ、そしてフランチェスコ・カプートだ。

 報道によると、3選手はコンディションに問題を抱えたため代表を離脱することとなったようだが、特に大きなケガなどを負ったわけではないようだ。キエッリーニとカプートは疲労を考慮され、ベラルディは北アイルランド戦で何度か接触された際の痛みがあり、大事を取った結果の決断と考えられている。

関連記事(外部サイト)