レヴァンドフスキはあと1年半で到達?…5大リーグの歴代最多ゴールとそれを目指す者たち

レヴァンドフスキはあと1年半で到達?…5大リーグの歴代最多ゴールとそれを目指す者たち

[写真]=Getty Images

今月15日のブンデスリーガ第19節、バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキ(33歳)がケルン戦で3ゴールをマークした。ブンデスリーガで自身通算16回目のハットトリックを達成したポーランド代表のストライカーは、これで同リーグ史上2人目となる通算300ゴールに到達したことになる。

 1963年に発足されたブンデスリーガで、レヴァンドフスキよりもゴールを決めている選手は一人だけ。それが427試合で365ゴールを決めた“爆撃機”ことゲルト・ミュラー氏だ。昨年8月に75歳で他界した英雄は、バイエルンでの14シーズンで歴代最多となるゴールを叩き出した(1シーズン平均26ゴール)。

 その偉大な記録まであと65ゴールに迫っているレヴァンドフスキ。彼は昨季のブンデスリーガで1シーズン最多ゴール記録となる41ゴールをマークし、今季もシーズン40ゴールのペース(現在19試合で23点)で得点を量産している。このペースを維持できれば、33歳のポーランド人はあと1年半ほどで歴代最多記録に並ぶことになる!

 さらにブンデスリーガでは、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21歳)にも記録更新のチャンスがあるかもしれない。2年前にブンデスリーガにやってきて以降、ハーランドはリーグ戦56試合で55ゴール。およそ1試合1ゴールのペースで得点を荒稼ぎしているため、あと9シーズンほどブンデスリーガに在籍すれば記録更新も見えてくるだろう。

 そんな偉大な記録の更新が期待できるブンデスリーガだが、他のリーグはどうなっているのだろうか?それでは欧州5大リーグの歴代得点王を見てみよう。

※データは1月21日時点
[写真]=Getty Images

■プレミアリーグ(イングランド)


 1992年に発足されたプレミアリーグの歴代最多ゴール記録は、ニューカッスルなどで活躍した元イングランド代表FWアラン・シアラー氏の260ゴール(441試合)だ。とはいえ、プレミアリーグ以前を含めたイングランド・トップリーグ(1888年発足)という枠で見ると最多得点者は他にいる。それが昨年9月に逝去したジミー・グリーヴス氏である。同氏はチェルシーやトッテナムでゴールを量産し、リーグ戦通算516試合で357ゴールの記録を持つ。

 現役選手で最多ゴールを誇るのはトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28歳)だ。これまでプレミアリーグで264試合171ゴール。グリーヴス氏の記録とは186ゴールも差があり、これまでの得点ペースで計算するとあと7年半もかかるため、28歳のケインには記録更新が難しいかもしれない。無論、シアラー氏のプレミアリーグ記録(260ゴール)までは、あとは3年半の計算になるため“今後もプレミアリーグでプレーを続ける”のなら更新も期待できる。

 イングランドの得点ランク上位勢で興味深いデータは「タイトル数」だ。プレミアリーグ歴代最多得点者のシアラーは、ブラックバーン時代の1994-95シーズンに1度だけリーグ優勝を達成したのみ。一方、グリーヴス氏やケインに至ってはリーグ優勝の経験がなく、イングランドでは優勝しない方がゴールを稼げるのかもしれない!?

■ラ・リーガ(スペイン)


 ラ・リーガの歴代最多ゴール記録を持つのは、現代サッカーの最高峰であるリオネル・メッシ(34歳)だ。メッシはバルセロナ時代に520試合474ゴールの驚異的な数字を残し、2位のクリスティアーノ・ロナウドに163ゴール差をつけて歴代1位に君臨している。

 現役のラ・リーガの選手では、レアル・マドリードに所属するFWカリム・ベンゼマの209ゴールが最多だ。34歳のフランス人ストライカーはメッシの半分にも到達しておらず、彼がメッシの記録を抜くことは不可能だ。それどころか、メッシの記録は永遠に抜かれることがないかもしれない。

■セリエA(イタリア)


 伝統的に守備の堅いイタリアでは、他のリーグのような“化け物級”の記録は生まれていない。最多ゴールを誇るのは1929年から四半世紀も現役選手として活躍したシルヴィオ・ピオラ氏だ。40歳までプレーしたピオラ氏は、リーグ優勝の経験がなく息の長さでゴール数を稼いだ選手。リーグ戦537試合274ゴールで、1試合平均「0.5ゴール」は他のリーグの記録保持者と比べると最もゴール率が低い。

 歴代2位のフランチェスコ・トッティ氏(618試合250ゴール)も1試合平均に換算すると「0.4ゴール」となっている。ただしトッティ氏はローマ一筋のため、「単独クラブ」でのセリエA最多ゴール記録を保持しており、今後どんなに凄いストライカーが誕生しても、この記録は簡単に抜けないだろう。

 現役選手に目を向けると、上位につけるのは178ゴールのファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア:38歳)や172ゴールのチーロ・インモービレ(ラツィオ:31歳)。年齢面を考えると、彼らが記録を更新するのは難しいかもしれない。

 若手では、今月28日に22歳の誕生日を迎えるフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホヴィッチに期待しよう。彼は今季セリエAで得点王争いを演じており、既に通算44ゴールを稼いでいる。だが、国外クラブからの引き抜きの噂があり、同選手がセリエAの記録を塗り替えることは考えにくいか。

■リーグ・アン(フランス)


 リーグ・アンの記録を持つのは、1970年代から80年代にかけてスタッド・ランスやモナコで活躍したデリオ・オニス氏だ。イタリア生まれのアルゼンチン人ストライカーは449試合で299ゴールを叩き出し、5度もリーグ・アンの得点王に輝いた実績を持つ。

 現役のリーグ・アン選手で見ると、やはり注目すべきはパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・エンバペ(23歳)だ。モナコ時代を含め、これまでリーグ戦167試合117ゴール。昨年3月にはリーグ・アン史上最年少で通算100ゴールをマークした。22歳91日での達成は、リーグが違うとはいえメッシ(23歳149日)やロナウド(25歳)よりも早いペースだ。

 エンバペはPSGに加入後、1試合平均「0.8ゴール」の活躍を見せており、このペースを維持すればあと6年でリーグ・アンの歴代最多ゴール記録を更新する計算になる。果たしてエンバペはリーグ・アンで記録を目指すのか、それとも他のリーグで新たな歴史を築くのか。フランスの至宝の動向に注目したい。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)