松本、千葉退団の元日本代表DF安田理大が加入「サッカー人生を懸けて…」

松本、千葉退団の元日本代表DF安田理大が加入「サッカー人生を懸けて…」

安田理大の新天地は松本に決定 [写真]=鈴木颯太朗

松本山雅FCは26日、2021シーズンまでジェフユナイテッド千葉に所属していた元日本代表DF安田理大の加入をクラブ公式サイトで発表した。なお、背番号は「11」となる。

 現在34歳の安田はG大阪の育成組織出身で、2006年にトップチームデビューを飾った。2010年から2013年にかけてはフィテッセ(オランダ)でもプレー。その後はジュビロ磐田、サガン鳥栖、ヴィッセル神戸、名古屋グランパス、釜山アイパーク(韓国)、アルビレックス新潟を渡り歩く。2019年4月から千葉でプレーしていたが、契約満了に伴い昨季限りで退団していた。

 J1リーグでは通算185試合、J2リーグでは通算100試合に出場。日本代表で国際Aマッチ7試合に出場したこともある経験豊富なベテランにとって、J3リーグでの戦いはキャリア初となる。

 安田は発表に際し、松本のクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「松本山雅を愛する皆さん
遂に決まった新天地
持てる力を全て出し
兎にも角にもJ2へ
安田理大
まだまだ魅せます
頑張るで!!」

「サッカー人生を懸けて松本山雅FCにきました。応援宜しくお願いします」

関連記事(外部サイト)