エース揃い踏みのウルグアイが4位浮上! 3位・エクアドルの本大会出場は持ち越し/W杯南米予選

エース揃い踏みのウルグアイが4位浮上! 3位・エクアドルの本大会出場は持ち越し/W杯南米予選

佳境に入ったW杯南米予選は、さらに激しさを増している [写真]=Getty Images

FIFAワールドカップカタール2022・南米予選が1日に各地で行われた。

 すでに本大会出場を決めた首位のブラジル代表は、9位のパラグアイ代表と激突。前半28分にFWハフィーニャ(リーズ/イングランド)のゴールでブラジル代表が先制すると、1点リードでハーフタイムを迎える。ブラジル代表は、後半に入ってもパラグアイ代表を圧倒。62分にMFフィリペ・コウチーニョ(アストン・ヴィラ/イングランド)、86分にFWアントニー(アヤックス/オランダ)、88分にFWロドリゴ(レアル・マドリード/スペイン)がゴールネットを揺らし、4−0で快勝を収めている。

 5位のウルグアイ代表は、最下位のベネズエラ代表と対戦。前半開始早々の1分にMFロドリゴ・ベンタンクール(トッテナム/イングランド)のゴールで先制したウルグアイ代表は、23分にMFジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)、アディショナルタイムの45+1分にFWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・U/イングランド)のバイシクル弾で点差を広げる。後半に入っても主導権を握ったウルグアイ代表は、53分にFWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード/スペイン)のPK弾で勝利を決定づける。押される一方のベネズエラ代表は、65分にFWホセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド/アメリカ)が1点を返すのが精一杯だった。ウルグアイ代表が4−1でベネズエラ代表を下し、貴重な勝ち点3を獲得。順位を一つ上げ、4位に浮上した。

 4位のペルー代表と3位のエクアドル代表が相対した注目の一戦は、エクアドル代表が勝利すれば本大会出場を確定できるシチュエーションのなかで行われた。前半開始からわずか2分、エクアドル代表はFWミチャエル・エストラーダ(デポルティーボ・トルーカ/メキシコ)のゴールで先制に成功する。対するペルー代表も、後半に入って反撃開始。69分にはFWエディソン・フローレス(D.C. ユナイテッド/アメリカ)のゴールで同点に追いついた。試合は1−1で終了し、エクアドル代表はこの試合で本大会出場を決定させることができず。ペルー代表は順位を一つ落として5位となっている。

 南米予選も、残るは2試合。次戦、4位のウルグアイと5位のペルーが激突する一戦は要注目だ。

 試合結果、順位表は以下のとおり。

■W杯南米予選
▼1日開催
ボリビア 2−3 チリ
ウルグアイ 4−1 ベネズエラ
アルゼンチン 1−0 コロンビア
ブラジル 4−0 パラグアイ
ペルー 1−1 エクアドル

■順位表
1位 ブラジル(勝ち点39)※1試合未消化
2位 アルゼンチン(勝ち点35)※1試合未消化
3位 エクアドル(勝ち点25)
4位 ウルグアイ(勝ち点22)
=====W杯出場権獲得=====
5位 ペルー(勝ち点21)
====大陸間プレーオフ進出====
6位 チリ(勝ち点19)
7位 コロンビア(勝ち点17)
8位 ボリビア(勝ち点15)
9位 パラグアイ(勝ち点13)
10位 ベネズエラ(勝ち点10)

■次戦対戦カード(3月24日予定)
ウルグアイ vs ペルー
コロンビア vs ボリビア
ブラジル vs チリ
パラグアイ vs エクアドル
アルゼンチン vs ベネズエラ

関連記事(外部サイト)