コンディションは「100パーセントに近い」…川崎F脇坂、スーパー杯勝利へ意気込み

コンディションは「100パーセントに近い」…川崎F脇坂、スーパー杯勝利へ意気込み

川崎Fに所属する脇坂 [写真]=Getty Images

11日、川崎フロンターレに所属するMF脇坂泰斗が『FUJIFILM SUPER CUP』の前日会見に出席した。

 12日に浦和レッズとの対戦を迎える脇坂は「今シーズンのスタートの試合にふさわしいようなゲームができるように、全力を尽くしたいと思っています」と意気込みを示した。

 2022年シーズンから背番号「14」を着用する同選手は「まずはチームとしての完成度や今シーズンに思いを見てほしい」としながらも、「個人としては攻撃のところで、得点やアシストの数字のところでチームに貢献するのを見てほしいと思います」とコメント。また「ユニフォームを着る前から緊張するというのは、僕の人生の中であまり経験したことがないので、そこも楽しめるように。その相手が浦和さんということもあり、楽しみな気持ちが一番強いです」と語った。

 1月には日本代表の合宿にも参加していた脇坂は「例年にはない始動の仕方でしたが、選手としては非常にありがたいことだと思っていて、みんなが休んでいる中、自分たちは代表として活動ができたので。また、そのまま沖縄に行って、ゲームも数多く詰めているので、コンディションに関して言えば100パーセントに近いかなと思います」とコメント。

 また、注目が集まるMFチャナティップとのプレーについて問われると「チャナティップ選手はじめ新加入選手とは、キャンプでピッチ内もそうですけどピッチ外でもコミュニケーションを多く取れているので、上手く意見交換できています。そこも含めて、良い連携を取れているんじゃないかと思います」と語った。

 そして浦和戦での勝利のポイントについては「やはり先制点が非常に大事になるかなと思っていて、浦和さんも高い攻撃力を持っていて、うちも攻撃力は武器なので、まずは先制点を獲りに行きたいと思います」と口にしている。

関連記事(外部サイト)