OB選手と現役選手がコラボ!……名古屋グランパスがクラブ30周年特別仕様のポスタービジュアルを発表

OB選手と現役選手がコラボ!……名古屋グランパスがクラブ30周年特別仕様のポスタービジュアルを発表

[写真]=N.G.E.

今シーズン、クラブ30周年を迎える名古屋グランパスが、ストイコビッチ氏や田中マルクス闘莉王氏などのレジェンドOB選手と現役選手を用いた30周年特別仕様のポスタービジュアルを発表した。特別なデザインとなる「2022シーズン日程ポスター」は2月14日(月)より、名古屋市内の各所で掲出。名古屋市営地下鉄の駅構内(一部を除く)には、路線ごとに異なるビジュアルの現役選手とOB選手を1名ずつ起用したポスター4種類が2月14日(月)~2月20日(日)の1週間限定で掲出される。

 以下、リリースのとおり。

<現役選手×OB選手2in1ビジュアル>

柿谷曜一朗選手×ストイコビッチ氏(名城線・名港線)
中谷進之介選手×田中マルクス闘莉王氏(鶴舞線)
稲垣祥選手×中村直志氏(桜通線)
ランゲラック選手×楢崎正剛氏(東山線)

《掲載場所》
■名城線・名港線:柿谷曜一朗選手×ストイコビッチ氏
■鶴舞線:中谷進之介選手×田中マルクス闘莉王氏
■桜通線:稲垣祥選手×中村直志氏
■東山線:ランゲラック選手×楢崎正剛氏

《掲載駅一覧》
■名城線・名港線:大曽根、平安通、黒川、名城公園、市役所、久屋大通、栄、矢場町、上前津、東別院、金山、新瑞橋、瑞穂運動場東、八事、名古屋大学、砂田橋、ナゴヤドーム前矢田、伝馬町、日比野、東海通、名古屋港
■鶴舞線:庄内通、浄心、丸の内、伏見、大須観音、上前津、鶴舞、御器所、いりなか、八事、塩釜口、植田、原、平針、赤池
■桜通線:名古屋、国際センター、丸の内、車道、今池、吹上、御器所、桜山、瑞穂区役所、野並
■東山線:藤が丘、本郷、上社、一社、星ヶ丘、東山公園、本山、覚王山、池下、今池、千種、新栄町、栄、伏見、名古屋、本陣、中村公園、高畑

《掲載期間》
2022年2月14日(月)~2月20日(日)

<現役選手×OB選手集合ビジュアル>


《名古屋グランパス30周年事業について》
名古屋グランパスは、今シーズン、クラブ30周年を迎え、30周年記念事業を進めていきます。30周年記念事業のプロジェクトのテーマは、「紡いだ歴史と新たな未来」です。1995年と1999年の天皇杯優勝、2010年J1リーグ優勝、2016年J2リーグ降格と翌2017年のJ1リーグ昇格、そして記憶に新しい2021年ルヴァンカップ優勝。名古屋グランパスに関わる皆様と喜び、笑い、時には涙し、分かち合ってきた数々の思い出は決して色褪せることはありません。紡いできたこれまでの歴史を振り返るとともに、この2022年が、これからの未来を彩るプロローグとなるようにーー、そんな想いをテーマに込めています。このプロジェクトが、紡いだ歴史、記憶に残るプレーや試合、家族や仲間とのかけがえない瞬間を思い出すきっかけとなることを願って、そして、グランパスファミリーの皆様と共にこれから歩む3年、10年、20年の未来への物語のスタートとなりますように。

クラブ30周年スペシャルサイト:https://nagoya-grampus.jp/campaign/30th/
  • 記事にコメントを書いてみませんか?