シャルケ、露『ガスプロム』とのパートナーシップ解消を決断…15年続いた関係に終止符

シャルケ、露『ガスプロム』とのパートナーシップ解消を決断…15年続いた関係に終止符

シャルケがガスプロムとの契約解消を決断 [写真]=Getty Images

日本代表DF板倉滉が所属するシャルケが、ロシアのエネルギー企業『ガスプロム』とのパートナーシップ解消を決定した。28日にクラブ公式サイトで発表している。

 ロシアの半国営企業である『ガスプロム』は、2007年からシャルケのメインスポンサーを務め、昨年3月には契約を2025年まで延長していた。しかし、ロシアのウクライナ侵攻で『ガスプロム』に対する批判の声が殺到。シャルケは26日に行われたブンデスリーガ2部第24節カールスルーエ戦で、『ガスプロム』の胸スポンサーを削除したユニフォームを着用して戦った。

 そして、シャルケは28日に『ガスプロム』との関係について公式声明を掲載。「クラブの執行役員会は監査役会の承認を得て、シャルケとガスプロムのパートナーシップを早期に終了することを決定しました。現在、クラブは現メインスポンサーの代表者と協議中であり、詳細については追ってお知らせします」と、『ガスプロム』との関係終了を決断したことを明かした。

 また、シャルケは「この決定により、クラブの財政能力に影響が及ぶことはありません。クラブ経営陣は近い将来、新たなパートナーを紹介できるものと確信しています」と説明している。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?