富山、FWルイス・エンリケの完全移籍加入を発表「皆様と一緒にJ2にいこう!」

富山、FWルイス・エンリケの完全移籍加入を発表「皆様と一緒にJ2にいこう!」

富山、FWルイス・エンリケの完全移籍加入を発表「皆様と一緒にJ2にいこう!」の画像

カターレ富山は9日、ブラジル人FWルイス・エンリケ・ファリニャス・タフネルが2022シーズンより完全移籍で加入することを発表した。

 発表によると、ルイスとは昨年末に契約合意していたものの、外国人の新規入国制限によりチーム合流が遅れていたという。しかし、入国制限見直しを受け、査証(ビザ)が発給されたことから、近く入国し、国が定める待機期間を経て、チームに合流する予定となっているようだ。なお、背番号は「11」に決定した。

 ルイスは1998年生まれの現在23歳。ボタフォゴの下部組織出身で、ブラジルやポルトガル、フィンランドなどでのプレーを経て、2020年1月にデンマークのヴェイレBKに加入。2021年8月から昨年末にかけてはフィンランドのFCホンカへ期限付き移籍で加入し、8試合の出場で3ゴールを記録していた。

 富山はルイスの特徴について「得点能力が高いストライカー。左右両足から精度の高いシュートが打て、フィジカルとテクニックで攻撃の起点となるポストプレーも得意」と紹介している。

 加入が決定したルイスは富山のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「カターレ富山のサポーターと関係者の皆様、初めまして、ルイス・エンリケです。カターレ富山でプレーできることを光栄な気持ちと幸せでいっぱいです。早くチームに合流し、目標達成に貢献できるように頑張ります。皆様と一緒にJ2にいこう!」

関連記事(外部サイト)