負傷交代のサラーは軽傷? リヴァプールのクロップ監督「PKを蹴る前から違和感が…」

負傷交代のサラーは軽傷? リヴァプールのクロップ監督「PKを蹴る前から違和感が…」

ブライトン戦で負傷した、リヴァプールのサラー [写真]=Getty Images

プレミアリーグ第29節が12日に行われ、ブライトンとリヴァプールが対戦。アウェイのリヴァプールが2-0と完封勝利を収めた。この試合でチームの2点目を奪ったエジプト代表FWモハメド・サラーが負傷交代した件について、ユルゲン・クロップ監督がコメント。12日に、リヴァプールの地元紙『リヴァプール・エコー』が伝えている。

 試合は、前半19分にリヴァプールが先制。元カメルーン代表DFジョエル・マティプのロングフィードに反応したコロンビア代表FWルイス・ディアスが、頭でボールを押し込んだ。1点リードで迎えた後半には、リヴァプールに追加点。59分にギニア代表MFナビ・ケイタのシュートが相手のハンドを誘うと、サラーがPKを成功させ、61分に点差を広げた。しかし、その数分後にはサラーが左足を押さえて自らピッチに座り込み、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタとの交代でピッチを後にした。

 試合後、クロップ監督はサラーの負傷度合いについて、以下のようにコメントしている。

「彼はPKを蹴る前から違和感を覚えていたようだ。足の筋肉を少し伸ばし過ぎたんだと思う」

「ひざより少し上の箇所に違和感があるみたいだね。彼はあまり心配していない様子だったけど、それが何を意味するのかは分からないよ」

「“モー”(サラーの愛称)はあまりケガをしない選手だし、無事であってほしい。彼は大丈夫だと思っているようだが、何かを感じたようでもあった。ちゃんと歩けないのが分かったんだろう。いずれにしても、さらなる評価が必要だ」

 現在、リヴァプールはリーグ戦8連勝中。16日には第27節のアーセナル戦を控えており、サラーの早期復帰が望まれる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?