“川崎ライン”での決勝点を喜ぶ守田英正「うまく画が共有できて良かった」

“川崎ライン”での決勝点を喜ぶ守田英正「うまく画が共有できて良かった」

W杯出場を決めて笑顔を見せる守田英正(中央)[写真]=Getty Images

日本代表は24日、FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選に臨み、敵地でオーストラリア代表戦を2−0で下して7大会連続となるW杯出場を決めた。

 決勝点が生まれたのは89分、右サイドでボールを持った山根視来がボックス右の守田英正に浮き球のパスを送ってインナーラップ。守田からのリターンをゴールライン際から折り返し、最後はボックス中央に走り込んできた三笘薫がゴール左に流し込んだ。

 試合後、中盤の一角として奔走し、決勝点にも絡んだ守田がフラッシュインタビューに登場。山根視来とのパス交換から三笘薫のゴールを演出した場面について、「絶対にボールが入ってくるのは目が合ってわかった」とコメント。川崎フロンターレ時代のチームメイトでもある山根との阿吽の呼吸を振り返り、「自分のボールが少し流れてしまったんですけど、最後に薫が詰めるところまでなんとなく予測できたので、うまく画が共有できて良かった」と、同じく元川崎Fの三笘を含めた3人での関係性から奪った決勝点を喜んだ。

 また、W杯出場を決めたことについては、「率直に嬉しいですし、最後の10分でヒーローがひとりに絞られたと思いますけど、一人ひとりが、きょう出なかった人もヒーローだと思いますし、出鼻を挫かれた中で下を向かずに全員でうまくやってこれたなと思います。本当に嬉しいです」と語り、笑みを見せた。

関連記事(外部サイト)