豪州下しW杯出場決定! 日本代表DF長友佑都は安堵「素直に嬉しい」

豪州下しW杯出場決定! 日本代表DF長友佑都は安堵「素直に嬉しい」

長友が喜びを口にした [写真]=Getty Images

オーストラリア代表を下しFIFAワールドカップカタール2022の本戦行きを決めた日本代表DF長友佑都(FC東京)が試合後のインタビューに応じた。

 日本代表は24日、アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦。勝利で本戦出場を自力で決められる日本代表は試合終盤の三笘薫の2ゴールで本戦出場を決めた。

 長友は試合後「素直に嬉しいのと、ほっとしています。3戦2敗から始まって、絶体絶命の場所からみんな一丸となって這い上がってきた。本当にホッとしています」と率直な胸の内を明かし、「そうですね。(唇が)震えるくらい嬉しいのと、日本がワールドカップに行けないなんてありえないと思いますし、絶対にワールドカップへの道をつなぐという信念と覚悟のもとで、戦ってこられたことを嬉しく思います」と喜びを口にした。

 続けて内田篤人氏からファン・サポーターへの想いについて問われた同選手は「3戦2敗から始まり、絶体絶命の場所からチームもそうですし、個人的にも這い上がってきました。その中で、批判もたくさん受けましたけど、多くの人に応援してもらい、支えてきてもらったので、今の自分たちがあると思っています。心から感謝しています」とコメントした。

 また、チームでは年長者としてチームを引っ張る長友は「一生懸命、目の前の練習と試合に100%臨むということだけですね。自分は年齢的にも、もうだめなら日本代表から外されますし、そういう立場だと思うので、一戦一戦、一つの、一日一日の練習から集中して入っていました。それだけです。余裕がないですね」と心がけていることを明かし、「正直、決まったんですけど、ここからがより一層厳しくなるかなと個人的には思っています。いい若手、いい選手もたくさんいますし、Jリーグからプレーをしていかないと僕は残っていけないと思っているので、ここから本当により一層厳しくなると個人的には感じています」と前を向いている。

関連記事(外部サイト)