右への警戒から生まれた三笘の2発…伊東純也も賛辞「一対一になれば薫を止めるのは難しい」

右への警戒から生まれた三笘の2発…伊東純也も賛辞「一対一になれば薫を止めるのは難しい」

伊東純也 [写真]=Getty Images

日本代表MF伊東純也が、24日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選のオーストラリア代表戦を振り返った。

 伊東は右ウイングでフル出場。自身の代表での5試合連続ゴールは逃したが、チームは途中出場の三笘薫が終盤に2ゴールを挙げて2−0で勝利し、7大会連続7度目となるW杯出場を決めた。

 試合後にオンラインのメディア対応を行った伊東は、現在の心境について、「嬉しいというよりホッとしています。やっと決めることができて嬉しいですし、ホッとしています」とコメント。今回の最終予選は最初の3試合で2敗を喫する最悪のスタートとなったが、そこからの6連勝で巻き返しに成功した。伊東はここまでの最終予選を次のように振り返っている。

「最初オマーン戦を落として、(最初の)サウジ戦は出場停止でスタンドから見て悔しい思いをして、そこから全部勝つしかないところで、みんな一丸となって戦えていたと思いますし、自分もゴールに絡むことができたので、よかったです」

「自分は若くないですが、薫や(田中)碧といった若い選手や(同じく予選出場経験のない)自分も同じ気持ちでやっていましたが、いいプレーができたんじゃないかなと思います」

 敵地シドニーで行われたオーストラリア代表戦は、雨が降り、乱れたピッチコンディションの中での試合となった。「前半の最初の方は結構雨が強く、走るのが大変だった感じはありましたけど、止んできてからはちょっとやりやすくなったかな」と伊東。相手に右サイドを警戒され、「こちらにボールが来ないのは少し感じていた」ようだが、「その中でも何回か(ボールを)受けたときに、縦切られたらワンツーで中に入っていってとか、モリ(守田英正)が抜け出したところにスルーパス出したりはできていたかなと」と一定の手応えを示した。

 また、試合終盤からの出場で2ゴールを挙げた三笘にも言及。「あの時間に薫が入って一対一仕掛けたら、たぶん全部いけると思っていた。こっちに人数かけていた分、左サイドはフリーだったと思いますし、そこで薫が一対一仕掛けたら相手は対応できないかなと思っていた。一対一になれば、なかなか薫を止めるのは難しいと思います」と賛辞を送っている。

 本番までは残り約8カ月。伊東は本大会を見据え、次のように意気込みを示している。

「W杯まで時間も少なくて合わせる時間もそんなにない。各々成長することが大事だと思います。個の成長をしっかりして、集まったときにしっかり合わせていければいいかなと思います」

「出場決まってホッとしているのが一番で、そこ(本大会で具体的にどうするか)はまだ考えていない。W杯決まっただけで、選ばれるとは決まっていないので、みんなが切磋琢磨してやっていかなければいけない、自チームに帰ってしっかり結果を残すことが大事だと思います」

関連記事(外部サイト)