W杯出場に安堵も森保監督はレベルアップに意欲「自信を持って、世界を追い越せ」

W杯出場に安堵も森保監督はレベルアップに意欲「自信を持って、世界を追い越せ」

森保監督がW杯出場を喜んだ [写真]=Getty Images

オーストラリア代表を下しFIFAワールドカップカタール2022の本戦行きを決めた日本代表の森保一監督が試合後のインタビューに応じた。

 日本代表は24日、アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦。2位につける日本代表と3位オーストラリア代表の直接対決は、試合終盤に途中投入された三笘薫が2得点を決め、2−0で日本代表が勝利し本戦出場を決めた。

 森保監督は「喜んでいますし、分かち合いたいと思っています」とまず喜びを口にしたものの、すぐさま「勝利はしましたが、我々が克服しないといけない課題は今日もありましたし、勝ったからすべてが良かったわけではないと思います」と気を引き締めた。続けて「ただ、今日の試合で選手が素晴らしかったところは守って、守り勝つのではなく、自分たちが前に出ていく気持ちが表れ、カウンターやスペースを突かれることもありましたが、前向きな姿勢が2−0の勝利につながったと思います。そのチャレンジする気持ちを大切にしながら、目標に向かって頑張っていきたいと思います」とコメントした。

 後半途中投入の三笘が試合を動かしたが、采配についての自己評価について問われた同監督は「自分らしく、山あり谷ありこれまでいろいろありましたし、今日の試合も状況が刻一刻と変わる中で、試されるところもありましたが、目の前で起きていること、状況に自然体で対処できたことが良かったと思います」と振り返り、「自分のことの評価は皆さんにお任せします。選手たちが自分の判断を引き出してくれていると思います。スタートから出た選手がタフに戦い、途中から出る選手がいい準備をしてくれ、それが自分の判断につながっていると思います」と選手たちをねぎらった。

 また、戦術について「私自身の考え方としては、いい守備からいい攻撃というところは変わりありません。それとこれまでやってきたことは、我々の最終目標である、W杯でベスト8以上の結果を掴み取るというところから考えてチーム作りをしてきましたので、基本的には変わらないと思います」と言及した森保監督は、日本代表が世界の舞台で戦えるチームになるべく、さらなるレベルアップを誓っている。

「現在の日本代表の世界での立ち位置は、まだまだ世界に追いつかないといけないところはありますが、追い越すためにはどうしたらいいかを考えていきたいと思います。相手には敬意を払いますが、相手を上に見るのではなく、相手と同等の視線を持って、戦いで上回れる、超えていけるようにやっていきたいです。選手は世界でやっていますし、目線は変わらないので、自分たちも自信を持って、世界を追い越せを考えながらやっていきたいと思っています」

関連記事(外部サイト)