追加招集の古橋が勝負の10月2連戦へ…「すごいと思ってもらえるようなプレーをしなければならない」

追加招集の古橋が勝負の10月2連戦へ…「すごいと思ってもらえるようなプレーをしなければならない」

追加招集を受けた古橋亨梧 [写真]=Getty Images

 6日、日本代表のFW古橋亨梧(スコットランド/セルティック)がオンラインでの取材に応じた。

 日本代表は、FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選で1勝1敗。初戦のオマーン代表戦にはホームで0−1と完封負けを喫し、続く中国代表戦でも得点はFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)の1点のみと、得点力不足感が否めない。負傷からの復帰直後に日本代表へと追加招集され、ゴールの期待が高まる古橋は、けがの回復具合について「大丈夫です」と断言。「まず、早く復帰できるようにたくさんの人たちがサポートしてくれたので、感謝しないといけないです。その気持ちを忘れずに頑張れたら。それがモチベーションとなって早く復帰できたので」と、回復に尽力してくれたすべての人たちへの気持ちを語った。

 古橋は、今夏に移籍したセルティックでリーグ戦5戦4発と結果を残している。海外挑戦で得たものについて、次のように語った。

「パスが出てこなくても、何度も動き出すことが大事。(パスが)全部出てきたら嬉しいし、出てこいと思っていますけど、試合は簡単ではない。10回動いて1回出てくればと思いながらやっています」

「大柄な選手が多いので、とにかく相手に捕まらないポジション、相手の見えないところから動き出す、一歩速く動き出すなどを意識しています」

 さらに、9月からの反省点についても言及し、「攻撃ではボールと人が動きもっとゴールに向かっていきたい。守備は強度を上げて、組織的に相手を自由にさせないことが大事になってくると思う」とコメントしている。

 また、「この2試合が本当に大事と感じている。この2試合に勝つことで、この先が楽になるところもある。個人としてはこういう時だからこそ、こういうプレッシャーを楽しめたらと思っている。とにかくやらないといけない。自分のプレーを出すことでしかチームに貢献できないと思っている。みんなが笑顔になれる、日本代表ってすごいと思ってもらえるようなプレーをしなければならない」とも話した。

 サウジアラビア戦に関しては、「自分がやるべきことが大事。攻撃では相手の裏に入っていく、相手のラインを下げるような動きが出来れば」と語り、「ファーストプレーが大事。それで決め切ればチームとしても個人としても良いと思うし、それを意識してやっていけたらと思う」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)