9月は無念の途中離脱…巻き返しを誓う南野拓実「勝たないと次につながらない」

9月は無念の途中離脱…巻き返しを誓う南野拓実「勝たないと次につながらない」

サウジ戦に向けて意気込む南野 [写真]=JFA

 6日、日本代表のMF南野拓実(リヴァプール/イングランド)がオンラインでの取材に応じた。

 南野は前回の9月シリーズでは無念の途中離脱となり、「チームの力になれず個人として悔しかった。だからこそ今回の重要な2戦、チームにフィットして、試合に出たら貢献するために良い準備をしたい」と語り、巻き返しを誓った。

 また、所属するリヴァプールでのリーグ戦出場に恵まれない現状についても言及し、「個人的にはリーグ戦には出場機会がなくて、不安に思っている人もいるかもしれないが、個人的には問題ないと思っていて。前回ケガして、1カ月後の代表戦でいい状態でいられるように準備してきた。置かれている状況の中で100%準備してきたので、問題ないと思っている」とコメントしている。

 サウジアラビア戦に向けては、「保持して彼らのやり方でやってくるだろうという中で、どういい形で奪って攻撃につなげるかというところは一つ大きなカギになる。あとはセカンドを拾う、ボール際が大切になってくると思う」と話した。

 そして、サウジアラビア戦を含めたこの2連戦に向けての意気込みについては、以下のように語っている。

「今回は何が何でも勝ち点を取って帰らないといけない。2戦とも勝たないと次につながらないと思っているので、全力でプレーしたい。重要な一戦で大切なのはチームの勝利。日本のいるグループで一番のライバルの2チーム。前半の山場と感じている。アウェイでのサウジは、今までの歴史でも不気味な雰囲気があるというか、難しい試合になると思っている。でも、どんな形でも勝利につなげて、次につながればいいかなと思っている」

関連記事(外部サイト)