エンバペの気になる去就は!? レオナルドSD「彼はまだ決断していない」

エンバペの気になる去就は!? レオナルドSD「彼はまだ決断していない」

エンバペの気になる去就は!? レオナルドSD「彼はまだ決断していない」の画像

パリ・サンジェルマン(PSG)のレオナルドSD(スポーツ・ディレクター)が23日、その去就が注目を集めている同クラブ所属のフランス代表FWキリアン・エンバペについて語った。スペイン『AS』が伝えている。

 PSGは、23日に行われたリーグ戦でランスと1-1で引き分け、2年ぶり10度目となるリーグ・アン王者に輝いた。試合後、レオナルドSDはエンバペについて問われると、「マドリードでは3年前からレアル・マドリードに来ると言われている。彼らは少し自信を持ちすぎている」と語り、笑みを見せた。
 
 PSGのナセル・アル・ケライフィ会長とエンバペの母親であるファイザ・ラマリ氏がカタールのドーハで会談を行ったと報じられているが、エンバペの去就に関しては、「話し合いは常に行われてきた。ドーハでも話し合いが行われている。ナセルは今日、パリにいなかった。それがどれだけ重要なことかわかるだろう」とコメント。さらに、「キリアンの話すことが事実だ。彼はまだ決断していない。残留する可能性はあるだろう。まだ考えているところで、状況の変化を見ている」と主張した。

 一方、試合後にメディア対応したエンバペも「最終的な決断? 何も変わっていないし、いま話すことは何もない」と述べ、何も決まっていないことを強調した。

 また、PSGを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の今後についても言及。「契約をあと1年残している。シーズン終了後にお互いの考えを話し合うのは普通のこと。難しいシーズンだったが、我々はチャンピオンなんだ。話し合いの末にどうなるか見てみよう」と述べ、こちらも含みを持たせた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?