浦和が2連続無得点の鬱憤晴らす6発快勝!

浦和が2連続無得点の鬱憤晴らす6発快勝!

ACL浦和6発快勝 松尾2得点

浦和が2連続無得点の鬱憤晴らす6発快勝!

浦和が2連続無得点の鬱憤晴らす6発快勝!の画像

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第5節が27日に行われ、浦和レッズ(日本)とライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)が対戦した。

 浦和はここ2試合、大邱FCから得点を奪えずに1分け1敗という成績に終わり、大邱FC、ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)と勝ち点7で並んでいる状況。自力での首位通過は消滅したものの、グループステージ突破の望みをつなぐためにも勝ち点3の獲得は必須となった。

 その浦和は14分、ボックス右でパスを受けた馬渡和彰が右足でシュート。手前でバウンドしたボールをGKハッサン・サニーが弾くと、そのままゴールへ。浦和が3試合ぶりとなる得点を記録すると、その後もアレックス・シャルクや小泉佳穂、ダヴィド・モーベルグが好機を迎えるが追加点を奪いきれない。しかし39分、ゴール正面やや左、ボックスの手前からシャルクが右足でシュートを放ち、ゴール左に突き刺した。

 前半に2点のリードを奪って後半を迎えた浦和は48分、左サイドでボールを持った小泉が右足でクロスを上げると、ファーサイドのモーベルグがヘッドで合わせて加点。勢いに乗る浦和は53分、ボックス左に抜け出した小泉が左足で強烈なシュートを突き刺して4−0とし、試合を決定づけた。

 さらに62分には、関根貴大のスルーパスをボックス左で受けた途中出場の松尾佑介が右足でゴールネットを揺らした。結局、その後も主導権を握り続けた浦和が90分にも松尾のゴールで加点し、6−0で快勝。浦和は最終節となる次節、グループ最下位の山東泰山(中国)と、一方のライオン・シティ・セーラーズは大邱FC(韓国)と対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 6−0 ライオン・シティ・セーラーズ

【得点者】
1−0 14分 馬渡和彰(浦和)
2−0 39分 アレックス・シャルク(浦和)
3−0 48分 ダヴィド・モーベルグ(浦和)
4−0 53分 小泉佳穂(浦和)
5−0 62分 松尾佑介(浦和)
6−0 90分 松尾佑介(浦和)

【スターティングメンバー】
浦和(4−4−2)
GK:西川周作
DF:馬渡和彰(81分 宮本優太)、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩
MF:ダヴィド・モーベルグ(59分 松崎快)、柴戸海、平野佑一(68分 岩尾憲)、関根貴大(68分 大久保智明)
FW:小泉佳穂、アレックス・シャルク(59分 松尾佑介)