完敗でCL出場が絶望的に…アーセナルMFがチームに喝「ELを戦う資格すらない」

完敗でCL出場が絶望的に…アーセナルMFがチームに喝「ELを戦う資格すらない」

アーセナルのMFジャカ(右) [写真]=Getty Images

アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカが、チームのパフォーマンスに苦言を呈した。16日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 アーセナルは16日に行われたプレミアリーグ第37節で、ニューカッスルと敵地『セント・ジェームズ・パーク』で対戦。序盤から相手のハイプレスに苦戦し、なすすべなく0−2の完敗を喫した。アーセナルは残り1試合で、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位トッテナムと勝ち点差「2」の5位に転落し、来季CL出場権の獲得が絶望的な状況となった。

 ニューカッスル戦でフル出場したジャカは試合後、大一番での勝負弱さが露呈したチームを批判。「もし、この試合の準備ができていないのなら、年齢に関係なく家にいることだ。この試合は僕たちにとって最も重要な試合の1つであることは分かっているのだから。このようなパフォーマンスは許されるものではない。応援に駆けつけてくれた人たちにも申し訳ない」と語った。

 また、同選手は次のようにもコメント。ミケル・アルテタ監督のゲームプランを実行できなかったことが、敗因だと考えている。

「ゲームプラン通りに試合を進めることができなかった。監督の指示を聞かず、自分たちのやり方でやってしまった。こんなことでは、チャンピオンズリーグを戦う資格はないし、ヨーロッパリーグを戦う資格すらない。現状でそれ(欧州大会)を戦うのは困難だ」

 勝ち点「66」、得失点差「+9」のアーセナルは最終節、残留争いの渦中にあるエヴァートンとホームで対戦する。一方、勝ち点「68」、得失点差「+24」のトッテナムは最終節で、すでに降格が決まっているノリッジと敵地で対戦する。


【ハイライト動画】ニューカッスル 2−0 アーセナル

関連記事(外部サイト)