日本代表初招集の伊藤に森保監督「守備力が格段に上がった」…冨安の招集や堂安、鎌田ら復帰組にも言及

日本代表初招集の伊藤に森保監督「守備力が格段に上がった」…冨安の招集や堂安、鎌田ら復帰組にも言及

日本代表初招集の伊藤に森保監督「守備力が格段に上がった」…冨安の招集や堂安、鎌田ら復帰組にも言及の画像

日本サッカー協会(JFA)は20日、6月に行われるキリンチャレンジカップ2022とキリンカップサッカー2022に臨む日本代表メンバー28名を発表。森保一監督が記者会見に臨み、唯一の初選出選手となった伊藤洋輝(シュトゥットガルト)や、コンディション面に不安の残る冨安健洋(アーセナル)、所属クラブで結果を残して復帰を果たした堂安律(PSV)、鎌田大地(フランクフルト)についてコメントした

 まず、初招集となった伊藤については、「シュツットガルトでシーズンを通してDFのポジションで出続けた」ことを評価し、3年前に五輪代表チームに招集時と比べて「守備力が格段に上がったと思う」との見解を示した。

 また、直近のリーグ戦で負傷交代している冨安を招集したことについては、「まずは本人のコンディションを代表で確認したいというところ」と説明。その上で「代表の活動の中で彼が練習に参加したり試合に出場できる見通しもある」ことを明かしつつ、「メディカルの判断に従ってやっていきたい」と慎重な姿勢も見せた。

 冨安同様、久々の代表復帰となった堂安と鎌田に関しては「所属チームで自分の存在を常に見せ続け、良いプレーをしていたのを見ていた」と述べ、「ふたりともタイトルを獲って、その自信は間違いなく彼らの力に上乗せされると思う。雰囲気が変わって、さらに貪欲に向上心を見せてくれることに期待している」と評価。さらに、「チームのコンセプトの中でシステムを変えながら選手たちの良さを発揮してもらうことにもトライしていきたい」と、両選手をインサイドで起用する可能性ついても言及した。

 日本代表は今月30日に集合し、6月2日にパラグアイ代表、同6日にブラジル代表とキリンチャレンジカップ2022を戦った後、6月10日にガーナ代表、同14日にチリ代表またはチュニジア代表と、2016年以来6年ぶりの開催となるキリンカップサッカー2022で対戦する。

関連記事(外部サイト)