マンCが5年で4度目の優勝! サラーは史上4人目の得点王&アシスト王/プレミア最終節

マンCが5年で4度目の優勝! サラーは史上4人目の得点王&アシスト王/プレミア最終節

プレミアリーグ第38節が行われた [写真]=Getty Images

プレミアリーグ最終節が22日に一斉開催。最後までもつれた、優勝争い、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争い、ヨーロッパリーグ(EL)出場権争い、残留争いに決着がついた。

 首位マンチェスター・Cはアストン・ヴィラに2点を先行される苦しい展開となるが、76分、78分、81分と立て続けにゴールを奪い、3-2で劇的逆転勝利。2位リヴァプールから逃げ切り、自力で2シーズン連続8度目のトップリーグ優勝を達成した。なお、マンチェスター・Cが2点差以上のビハインドから逆転勝利を収めたのは、2005年2月のノリッジ戦(○3-2)以来となる。

 ウルヴァーハンプトン(ウルヴス)と対戦したリヴァプールは立ち上がりに失点したものの、サディオ・マネやモハメド・サラーが得点を挙げて3-1で逆転勝利した。サラーはシーズン23得点で得点王、13アシストでアシスト王に輝いた。得点王とアシスト王のダブル受賞は、1993-94シーズンのアンディ・コール氏(ニューカッスル)、1998-99シーズンのジミー・ハッセルバインク氏(チェルシー)、昨シーズンのハリー・ケイン(トッテナム)に続き、プレミアリーグ史上4人目となる。

 4位トッテナムは、すでに降格が決まっていたノリッジと敵地で対戦。デヤン・クルゼフスキとソン・フンミンが2ゴールを挙げ、ケインも得点を記録し、5-0の快勝で来季のCL出場権を獲得した。ソンはシーズン23得点に到達してサラーと並び、アジア人史上初のプレミアリーグ得点王に輝いた。

 アーセナルはエヴァートンに5-1で勝利したものの、トッテナムの勝利で5位は変わらず、来季はELに出場することになった。6位マンチェスター・Uはクリスタル・パレスに0-1で敗れたものの、7位ウェストハムがブライトンに1-3で逆転負けを喫したため、両者の順位は変わらず。マンチェスター・UがEL、ウェストハムがヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)に出場する。なお、マンチェスター・Uの最終得失点差は「±0」となったが、最後に同クラブの得失点差がプラスにならなかったのは、「-1」の1989-90シーズンまで遡る。

 勝ち点「35」で並び、得失点差でバーンリーが17位、リーズが18位で最終節を迎えた残留争いは、リーズが逆転で生き残りを果たした。リーズはブレントフォードに2-1で勝利した一方、バーンリーはニューカッスルに1-2で敗戦。バーンリーは7シーズンぶりに2部チャンピオンシップを戦うことになる。

 3位がほぼ決まっていたチェルシーは、降格が決まっていたワトフォードと対戦。11分にカイ・ハフェルツが先制点を挙げると、87分に追いつかれたものの、後半アディショナルタイム1分にロス・バークリーが勝ち越し点を記録。2-1の勝利で激動のシーズンを締めくくった。

 最終節の試合結果と最終順位表、得点・アシストのランキングは以下の通り。

■試合結果
アーセナル 5-1 エヴァートン
ブレントフォード 1-2 リーズ
ブライトン 3-1 ウェストハム
バーンリー 1-2 ニューカッスル
チェルシー 2-1 ワトフォード
クリスタル・パレス 1-0 マンチェスター・U
レスター 4-1 サウサンプトン
リヴァプール 3-1 ウルヴァーハンプトン
マンチェスター・C 3-2 アストン・ヴィラ
ノリッジ 0-5 トッテナム

■順位表
※()内は勝ち点/得失点差

優勝 マンチェスター・C(93/+73)
2位 リヴァプール(92/+68)
3位 チェルシー(74/+43)
4位 トッテナム(71/+29)
──────CL出場圏──────
5位 アーセナル(69/+13)
6位 マンチェスター・U(58/0)
──────EL出場圏──────
7位 ウェストハム(56/+9)
──────ECL出場圏──────
8位 レスター(52/+3)
9位 ブライトン(51/-2)
10位 ウルヴァーハンプトン(51/-5)
11位 ニューカッスル(49/-18)
12位 クリスタル・パレス(48/+4)
13位 ブレントフォード(46/-8)
14位 アストン・ヴィラ(45/-2)
15位 サウサンプトン(40/-24)
16位 エヴァートン(39/-23)
17位 リーズ(38/-37)
───────降格───────
18位 バーンリー(35/-19)
19位 ワトフォード(23/-43)
20位 ノリッジ(22/-61)

■得点ランキング
1位 モハメド・サラー(リヴァプール) 23得点
1位 ソン・フンミン(トッテナム) 23得点
3位 クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・U) 18得点
4位 ハリー・ケイン(トッテナム) 17得点
5位 サディオ・マネ(リヴァプール) 16得点

■アシストランキング
1位 モハメド・サラー(リヴァプール) 13アシスト
2位 トレント・アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール) 12アシスト
3位 ハーヴェイ・バーンズ(レスター) 10アシスト
3位 ジャロッド・ボーウェン(ウェストハム) 10アシスト
3位 メイソン・マウント(チェルシー) 10アシスト
3位 アンドリュー・ロバートソン(リヴァプール) 10アシスト

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?