R・マドリード退団のベイル、同じ本拠地のライバルクラブに“逆オファー”?

R・マドリード退団のベイル、同じ本拠地のライバルクラブに“逆オファー”?

今季限りでレアル・マドリードを退団するベイル [写真]=Getty Images

レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、アトレティコ・マドリードに逆オファーをしていた模様だ。スペインメディア『マルカ』が24日に報じている。

 ベイルとレアル・マドリードの現行契約は2022年6月末をもって満了を迎える。クラブを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は既にベイルの退団を明言しており、28日に控えたチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦のリヴァプール戦がレアル・マドリードでの最終戦となる。

 新天地に注目が集まる中、ベイルは同じマドリードに本拠地を置くライバルクラブに対して、“禁断の移籍”を申し出ていたという。報道によると、ベイルの代理人であるジョナサン・バーネット氏と、アトレティコ・マドリードのテクニカルディレクターを務めるアンドレア・ベルタ氏が直接話をする機会を設けたようだ。バーネット氏はベイルが来季からアトレティコ・マドリードに加入できないか尋ねたものの、ベルタ氏はこの申し出を断ったそう。ベイルと家族がマドリードでの生活を気に入っていたことから、今回の“逆オファー”に発展した模様だ。

 ベイルの将来については様々な憶測があり、ウェールズ代表がFIFAワールドカップカタール2022に出場できなかった場合は現役を引退するとも報じられている。そのため、新天地の正式決定については、少なくとも6月5日に行われる欧州予選プレーオフ決勝戦まで待つ必要がありそうだ。

関連記事(外部サイト)