東南アジア選手権の冠スポンサーに三菱電機が就任…大会名はAFF Mitsubishi Electric Cup 2022に改称

東南アジア選手権の冠スポンサーに三菱電機が就任…大会名はAFF Mitsubishi Electric Cup 2022に改称

東南アジア選手権の冠スポンサーに三菱電機が就任…大会名はAFF Mitsubishi Electric Cup 2022に改称の画像

東南アジアの最強国を決する東南アジアサッカー選手権(AFF CHAMPIONSHIP)の冠スポンサーに、新たに三菱電機(Mitsubishi Electric)が就任することが決まった。

 5月23日、ハノイ市内でASEANサッカー連盟(AFF)と三菱電機との間でスポンサー契約の調印式が開催され、2022年大会より正式名称が「AFF Mitsubishi Electric Cup 2022」に改称されることも発表された。

 東南アジアサッカー選手権は、1996年にタイガービールが冠スポンサーを務める「タイガーカップ」として誕生し、2008年にスズキ株式会社が冠スポンサーとなってからは「AFFスズキカップ」として開催されてきた。

 AFF Mitsubishi Electric Cup 2022は、今年12月に開催される予定だ。調印式に出席したAFFのKhiev Sameth会長は、「三菱電機を大会の新たな冠スポンサーとして紹介できることをうれしく思う」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)