フランス遠征中のU19日本代表、冨樫剛一監督がコロナ陽性…31日の試合には影響なし

フランス遠征中のU19日本代表、冨樫剛一監督がコロナ陽性…31日の試合には影響なし

U-19日本代表を率いる冨樫剛一監督 [写真]=Getty Images

日本サッカー協会(JFA)は31日、U-19日本代表の冨樫剛一監督から新型コロナウイルス陽性反応が認められたことを発表した。

 U-19日本代表は第48回モーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)に参加するため、現在フランスで活動している。31日には初戦のアルジェリア戦が予定されているが、同試合への影響はないという。

 以下、リリースの通り。

「第48回モーリスレベロトーナメントのためフランスで活動中のU-19日本代表において、冨樫剛一監督から新型コロナウイルス陽性反応が認められました。日本代表活動ガイドラインに従って5月30日(月)に実施した独自検査において陽性が確認されたものです。日本出国前を含め、これまで行われた検査結果は全て陰性でした。冨樫監督は現在は軽い咽頭痛があり、現地で定められたルールに従ってチームから離れて療養しています」

「チームはガイドラインに従って感染対策を徹底して行動しており、チーム内で濃厚接触者に該当する者はおりません。また本日31日(火)に実施した検査において全員の陰性が確認され、体調不良などの報告もないことから、本日の試合への影響はありません」

「日本サッカー協会では、引き続き、感染拡大防止と安全確保を最優先に、さらなる注意喚起や健康状態の確認を引き続き細やかに取り組むとともに、厚生労働省や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?