ウクライナ、W杯出場まであと1勝! スコットランドとの激闘を制してPO決勝に進出

ウクライナ、W杯出場まであと1勝! スコットランドとの激闘を制してPO決勝に進出

ウクライナ、W杯出場まであと1勝! スコットランドとの激闘を制してPO決勝に進出の画像

FIFAワールドカップカタール2022欧州予選・プレーオフ準決勝延期分が6月1日に行われ、スコットランド代表とウクライナ代表が対戦した。

 従来この一戦は今年の3月に行われる予定だったものの、ロシアのウクライナ侵攻により代表活動が困難となったことで、パスAの準決勝スコットランドvsウクライナ、およびパスA決勝(同試合の勝者vsウェールズ代表)が6月に延期となっていた。ワールドカップ出場権を獲得するためには両国にとって負けられない一戦。スコットランドはアンドリュー・ロバートソン、スコット・マクトミネイらがスターティングメンバー入り。一方のウクライナはオレクサンドル・ジンチェンコ、ルスラン・マリノフスキーらが先発に名を連ねている。

 最初にチャンスを作ったのはウクライナ。8分、右サイドで高い位置をとったオレクサンドル・カラバエフがダイレクトで中央へ送ると、マリノフスキがコースを変え、ビクトル・ツィガンコフが右足でフィニッシュ。狙い澄ました一撃はスコットランドの守護神クレイグ・ゴードンが左手でセーブした。

 16分には再びウクライナ。ルーズボールがアンドリー・ヤルモレンコの元へこぼれると、GKと1対1のチャンスに。ワントラップで反転し強烈なシュートを放つも。またもゴードンの牙城を崩すことはできなかった。

 対するスコットランドも反撃。23分、ドリブル突破から持ち運んだロバートソンが自らフィニッシュまで持ち込むも、シュートは相手DFにブロックされる。続く24分には左サイドからの折り返しをジョン・マッギンが左足で狙うも、シュートは枠を捉えられない。

 スコアレスのまま時間は経過するものの、33分に均衡が破れる。低い位置でボールを受けたマリノフスキが左足で正確なロングフィードを送ると、ボールは最終ラインの裏へ。抜け出したヤルモレンコはワントラップから見事なループシュートを沈め、ウクライナが値千金の先制ゴールを記録した。前半はこのままウクライナの1点リードで終了する。

 後半に入って最初にチャンスを作ったのはウクライナ。49分、右サイドでボールを受けたカラバエフがフリーでクロスボールを送ると、中央で待っていたロマン・ヤレムチュクが頭1つ抜け出す。コースを狙ったシュートはそのままゴールに吸い込まれ、ウクライナがリードを広げた。

 一方のスコットランドは66分に決定機が。ペナルティエリア右角に抜け出したマクトミネイが右足で狙うも、シュートはGKに弾かれる。こぼれ球をマッギンがヘディングで狙うも、シュートは枠を外れてしまった。

 徐々にスコットランドに追い風が吹くと、79分、クロスボールのこぼれ球をカラム・マグレガーがダイレクトでシュート。ボールはウクライナGKヘオリー・ブスチャンの手をかすめてゴール方向へ。タラス・ステパネンコが懸命にクリアするも、ボールはゴールラインを超えており、スコットランドが1点を返した。

 その後はスコットランドが敵陣でボールを握る時間が増えたものの、なかなか決定的な場面をつくることができない。反対にウクライナは後半アディショナルタイムに決定機を迎えたものの、オレクサンドル・ズブコフのシュートは枠を外れた。

 オープンな展開となった後半アディショナルタイムには、ウクライナにビッグチャンス。ジンチェンコのスルーパスに抜け出したアルテム・ドフビクが、GKと1対1のチャンスを落ち着いて沈め、試合を決定付けた。

 最終的に、試合はこのままタイムアップ。困難な状況ながらもウクライナが勝利し、母国に勇気を届ける1勝を手にしている。一方、スコットランドは1998FIFAワールカップフランス以来の本大会出場が迫っていたものの、プレーオフ準決勝で涙の敗退となった。

 プレーオフ決勝戦は5日に行われ、勝利したウクライナがウェールズと対戦する。ウクライナは勝利すれば、初出場を果たした2006FIFAワールドカップドイツ以来の本大会出場が決定する。

【スコア】
スコットランド代表 1−3 ウクライナ代表

【得点者】
0−1 33分 アンドリー・ヤルモレンコ(ウクライナ代表)
0−2 49分 ロマン・ヤレムチュク(ウクライナ代表)
1−2 79分 カラム・マグレガー(スコットランド代表)
1−3 90+5分 アルテム・ドフビク(ウクライナ代表)

関連記事(外部サイト)