UNL強豪対決はドロー…ドイツが先制も、ケインのPKでイングランドが同点に

UNL強豪対決はドロー…ドイツが先制も、ケインのPKでイングランドが同点に

ドイツ代表とイングランド代表が対戦 [写真]=Getty Images

UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3第2節が7日に行われ、ドイツ代表とイングランド代表が対戦した。

 ドイツは前節のイタリア代表との一戦をドローで終えていた。この試合では2022FIFAワールドカップカタールに向けた新ユニフォームを身に纏ってピッチに立つ。スターティングメンバーにはジョシュア・キミッヒ、ジャマル・ムシアラ、カイ・ハフェルツらが並んだ。一方、イングランド代表は開幕節のハンガリー代表戦でまさかの黒星を喫した。前節からスタメン5名を変更し、ラヒーム・スターリングやブカヨ・サカらが先発に名を連ねている。

 試合は序盤からドイツが主導権を握る。2分にハフェルツがペナルティエリア内からシュートを放つと、3分には右コーナーキックからアントニオ・リュデュガーが右足で狙った。対するイングランドは9分、ハリー・ケインが強烈なシュートを浴びせるも、シュートはGKの正面へ。14分にはイングランドにアクシデント。カルヴィン・フィリップスが負傷のためプレー続行が不可能となり、ジュード・ベリンガムとの交代を余儀なくされた。

 23分にはドイツにビッグチャンス。最終ラインでボールを持ったニコ・シュロッターベックがロングフィードを送ると、ヨナス・ホフマンが背後に抜け出す。ホフマンはGKとの1対1を落ち着いて沈めたものの、オフサイドと判定され得点は認められなかった。その後は互いに何度か好機を演出するも、得点には至らず。前半はこのままスコアレスで終了した。

 後半に入ると均衡が破れる。50分、ハフェルツからのパスを受けたキミッヒがダイレクトで縦パスを入れると、反応したホフマンがターンから右足で狙う。強烈なシュートがネットを揺らし、ドイツが先手を取った。

 対するイングランドは76分に好機を演出。途中出場のジャック・グリーリッシュが左サイドからアーリークロスを送ると、ファーサイドでハリー・ケインが合わせる。このシュートはGKマヌエル・ノイアーの好セーブに遭って得点とはならず。このまま試合終了かと思われた85分、グリーリッシュのパスを相手DFが触り、ボールが最終ラインの裏へ。このルーズボールに反応したケインが倒され、イングランドにPKが与えられる。このPKをケインが落ち着いて決め、イングランドが試合を振り出しに戻した。

 試合はこのままドローでタイムアップ。強豪同士の一戦は痛み分けとなり、ドイツ、イングランドともにUNL2戦連続で勝ち点「3」を逃した。次節は11日に行われ、ドイツはハンガリーと敵地で対戦する。一方、イングランドはホームにイタリアを迎える。

【スコア】
ドイツ代表 1−1 イングランド代表

【得点者】
1−0 50分 ヨナス・ホフマン(ドイツ代表)
1−1 88分 ハリー・ケイン(イングランド代表)


【画像】ドイツ代表の新ユニフォーム

関連記事(外部サイト)