イングランドとイタリアは両者譲らずドロー…決定機生かせずスコアレスに終わる

イングランドとイタリアは両者譲らずドロー…決定機生かせずスコアレスに終わる

イングランドとイタリアの強豪同士が対戦 [写真]=Getty Images

UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグAのグループ3第3節が11日に行われ、イングランド代表とイタリア代表が対戦した。

 EURO2020決勝で警備上の問題が生じたことへの処分として、無観客開催となったこの強豪対決。ここまで1分1敗と未勝利のイングランドは、ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・C)やタミー・アブラハム(ローマ/イタリア)、アーロン・ラムズデール(アーセナル)らを先発起用した。一方ここまで1勝1分の成績を残すイタリアは、ジャンルカ・スカマッカ(サッスオーロ)やサンドロ・トナーリ(ミラン)、マヌエル・ロカテッリ(ユヴェントス)らが先発した。

 試合は立ち上がりから両チームがゴールに迫る展開に。9分、イングランドが速攻からメイソン・マウント(チェルシー)に決定機が訪れるも、右足のシュートはクロスバーに弾かれる。一方のイタリアも25分、右サイドへの展開から折り返しをフリーのトナーリが合わせるも、ここはGKラムズデールが好セーブを披露。前半はスコアレスのままハーフタイムを迎える。

 後半に入ってもなかなかスコアの動かない展開が続く。52分、イングランドはリース・ジェームズ(チェルシー)のクロスにラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)がフリーで合わせるも、枠を捉えられず決定機を逃す。その後は互いにゴールに迫るシーンを作りきれず、イングランドはハリー・ケイン(トッテナム)やジャロッド・ボーウェン(ウェストハム)、イタリアはウィルフレッド・ニョント(チューリッヒ/スイス)やジャコモ・ラスパドリ(サッスオーロ)を途中投入するも、最後まで決定機を作ることはできず、試合はスコアレスドローに終わった。

 次節は14日に行われ、イングランド代表はホームでハンガリー代表と、イタリア代表はアウェイでドイツ代表と対戦する。

【スコア】
イングランド代表 0−0 イタリア代表

関連記事(外部サイト)