鳥栖DF孫大河、ツエーゲン金沢への期限付き移籍を発表「覚悟を持って行ってきます」

鳥栖DF孫大河、ツエーゲン金沢への期限付き移籍を発表「覚悟を持って行ってきます」

サガン鳥栖は14日、DF孫大河の期限付き移籍を発表

サガン鳥栖は14日、DF孫大河がツエーゲン金沢へ期限付き移籍することが決定したと発表した。なお、期限付き移籍期間は2023年1月31日までと併せて伝えている。

 現在23歳の孫は立正大学在学時代の2021年に特別指定選手として、サガン鳥栖でプレー。今シーズンから正式に入団した孫はここまで、JリーグYBCルヴァンカップ1試合の出場にとどまっていた。

 孫はサガン鳥栖退団に際し、クラブ公式サイトでコメントを残している。

「半年という短い間でしたが本当にありがとうございました。ファン・サポーターや街がとても温かくて本当に居心地が良かったです。またサガン鳥栖という素晴らしいクラブに戻ってきて闘えるように覚悟を持って行ってきます。これからも応援よろしくお願いします」

 また孫はツエーゲン金沢加入に際し、クラブ公式サイトで意気込みを示している。

「ツエーゲン金沢に加入することになりました孫大河です。ツエーゲン金沢の為に自分が持ってる全てのものを出して闘います。よろしくお願いします」

関連記事(外部サイト)