プレミア復帰のボーンマス、マンU出身のMFロズウェルと4年契約…今夏2人目の補強

プレミア復帰のボーンマス、マンU出身のMFロズウェルと4年契約…今夏2人目の補強

ロズウェルの加入を発表 [写真]=AFC Bournemouth via Getty Images

ボーンマスは25日、ブラックバーンからイングランド人MFジョー・ロズウェルが加入することを発表した。

 ブラックバーンとの契約は6月30日で満了を迎えるため、ボーンマスには移籍金の発生しないフリートランスファーで加入する。契約期間は2026年6月30日までの4年間。

 現在27歳のロズウェルは、2001年に6歳でマンチェスター・Uの下部組織に入団。アンダー世代のイングランド代表でも活躍した。しかし、トップチームでの出場機会を得られず、ブラックプール、バーンズリーへの期限付き移籍を経て、2016年夏にオックスフォード・Uへと完全移籍した。

 2018年夏からはブラックバーンでプレーし、中盤の主力として活躍。2021−22シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では、40試合に出場して3ゴール10アシストを記録した。

 ボーンマスは21−22シーズンのチャンピオンシップを2位で終え、3シーズンぶりのプレミアリーグ復帰を果たした。同クラブにとってロズウェルは、ウェストハムからフリーで加入するイングランド人DFライアン・フレデリックスに続き、今夏2人目の補強となる。

関連記事(外部サイト)