アフリカ年間最優秀選手賞の候補が発表…マネ、サラー、マフレズら30名

アフリカ年間最優秀選手賞の候補が発表…マネ、サラー、マフレズら30名

アフリカ年間最優秀選手賞のノミネート選手が発表された [写真]=Getty Images

アフリカサッカー連盟(CAF)は6月30日、男子・アフリカ年間最優秀選手賞にノミネートされた候補選手30名を発表した。

 同賞は該当するシーズン(今回であれば2021-22シーズン)に最も活躍したアフリカの各国に国籍を有する選手に贈られるものだ。CAFのレジェンドやジャーナリストなどで構成されるステークホルダー・パネルによってノミネートされる30名の選手が決定した。今後はCAF技術委員会や各国加盟協会の監督、キャプテンなどによって投票が実施され、栄えある2022年度のアフリカ年間最優秀選手賞が確定する。

 直近の2年間は新型コロナウイルス感染症の影響もあって同賞の発表は行われておらず、最新の受賞者は2019年のセネガル代表FWサディオ・マネまで遡る。2017年からはエジプト代表FWモハメド・サラーが2年連続で受賞しており、2016年にはアルジェリア代表FWリヤド・マフレズが同賞に輝いていた。

 ノミネートされた30選手には、2021-22シーズンにリヴァプールで公式戦51試合出場23ゴールを記録し、アフリカ・ネーションズカップで母国を優勝へと導いたマネを筆頭に、リヴァプールで31ゴールを挙げて得点王に輝いたサラーや、マンチェスター・Cでプレミアリーグ2連覇の原動力となったマフレズが選出。ミランの11シーズンぶりとなるスクデット獲得に貢献したコートジボワール代表MFフランク・ケシエ、チェルシーの守護神に君臨しているセネガル代表GKエドゥアール・メンディ、アヤックスで得点を量産してドルトムント移籍が噂されるコートジボワール代表FWセバスティアン・ハラーもリスト入りしている。

 アフリカ年間最優秀選手賞は7月21日にモロッコのラバトで開催されるCAFアワード2022にて発表される予定となっている。このアワードでは男女の年間最優秀選手賞だけでなく、アフリカ内のクラブ年間最優秀選手、年間最優秀若手選手、年間最優秀ナショナルチーム、年間最優秀クラブなどが表彰される。

 今回発表されたノミネート選手30名は以下の通り。

▼アフリカ年間最優秀選手賞候補30名
※()内は国籍、所属クラブ

リヤド・マフレズ(アルジェリア、マンチェスター・C/イングランド)
ベルトラン・トラオレ(ブルキナファソ、アストン・ヴィラ/イングランド)
ブラティ・トゥーレ(ブルキナファソ、ピラミッズ/エジプト)
エドモン・タプソバ(ブルキナファソ、レヴァークーゼン/ドイツ)
アンドレ・フランク・ザンボ・アンギサ(カメルーン、ナポリ/イタリア)
カール・トコ・エカンビ(カメルーン、リヨン/フランス)
ヴァンサン・アブバカル(カメルーン、アル・ナスル/サウジアラビア)
ユスフ・エンシャンガマ(コモロ、ギャンガン/フランス→オセール/フランス)
フランク・ケシエ(コートジボワール、ミラン/イタリア)
セバスティアン・ハラー(コートジボワール、アヤックス/オランダ)
モハメド・アブデルモネム(エジプト、アル・アハリ)
モハメド・エルネニー(エジプト、アーセナル/イングランド)
モハメド・サラー(エジプト、リヴァプール/イングランド)
モハメド・エル・シェナウィ(エジプト、アル・アハリ)
ムサ・バロウ(ガンビア、ボローニャ/イタリア)
ナビ・ケイタ(ギニア、リヴァプール/イングランド)
アリウ・ディエング(マリ、アル・アハリ/エジプト)
アマリ・トラオレ(マリ、レンヌ/フランス)
イヴ・ビスマ(マリ、ブライトン/イングランド→トッテナム/イングランド)
アクラフ・ハキミ(モロッコ、パリ・サンジェルマン/フランス)
ソフィアン・ブファル(モロッコ、アンジェ/フランス)
ヤフヤー・ジャブラーヌ(モロッコ、ウィダード)
ヤシン・ブヌ(モロッコ、セビージャ/スペイン)
モーゼス・サイモン(ナイジェリア、ナント/フランス)
エドゥアール・メンディ(セネガル、チェルシー/イングランド)
カリドゥ・クリバリ(セネガル、ナポリ/イタリア)
ナンパリス・メンディ(セネガル、レスター/イングランド)
サディオ・マネ(セネガル、リヴァプール/イングランド→バイエルン/ドイツ)
サリウ・シス(セネガル、ナンシー/フランス)
アリ・マールル(チュニジア、アル・アハリ/エジプト)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?