セリエA初挑戦のモンツァが着々と補強!インテルMFセンシをレンタルで獲得

セリエA初挑戦のモンツァが着々と補強!インテルMFセンシをレンタルで獲得

モンツァがセンシをレンタル移籍で獲得 [写真]=Getty Images

モンツァは2日、インテルからイタリア代表MFステファノ・センシをレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル移籍期間は2023年夏までとなっている。

 センシは1995年8月5日生まれの現在26歳。168cmと小柄ながらセントラルMFやセカンドトップで幅広い活躍を見せることのできる選手だ。2016年1月にチェゼーナからサッスオーロへと加入し、残りのシーズンはレンタル移籍という形でチェゼーナに残留。2016年夏にサッスオーロの一員となった。サッスオーロでは3シーズンの在籍で68試合に出場し5ゴールを記録。その名を轟かせ、2019年夏にインテルへとステップアップを果たした。

 インテルでは加入初年度から負傷に泣かされる期間が多く、豊富な選手層にも阻まれて出場機会が減少。2021−22シーズン前半戦はセリエAでの先発がわずか1試合にとどまっており、後半戦はサンプドリアへとレンタル移籍した。サンプドリアでは11に出場し1ゴールを記録。クラブの1部残留に貢献していた。イタリア代表としては国際Aマッチ通算で9試合に出場し3ゴールを挙げている。

 センシの新天地となるモンツァは、かつてミランで会長を務めたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏がオーナーを務めており、新シーズンはクラブ史上初めてセリエAの舞台に挑戦する。今オフはインテルを退団した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアら新戦力を着々と補強。パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン人FWマウロ・イカルディと、ユヴェントス退団が発表されたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得を目論んでおり、日本代表DF吉田麻也への接触も報じられている。モンツァの“夏”はセンシの補強だけでは終わらなさそうだ。


【画像】モンツァがセンシをレンタル移籍で獲得

関連記事(外部サイト)